日本から出ていけ

8月15日。 日本中が、慰霊と、今生かされている事への感謝をささげる日であるべきなのに、在日や日教組の基地外共が、九段の聖地へ「反天連」と称してデモをかける

何年か前に偶然、靖国参拝を終えた処で、その団体と遭遇した時に、正直、抑えられないくらいの殺意を覚えたことを告白しておきます。 いい年をして、人間が出来ていませんね。 以来、ああしたバカ者の集まりには近づかないようにしていますよ。

デモ隊の数ほどいた警護の警官の方々のプロ意識には、心からの敬意を表したいです。

今年の反天連デモは、御英霊の意思を表したように、暴風雨と豪雨の中で行われたようです。 日本人の決然とした意志が示されたら、こんな奴らが住む所は無くなります

「出て行けよ!そんなに日本が嫌いなら!」 これがヘイトなら、「日本死ね」はヘイトではないのか? こんなものが日本流行語大賞にノミネートされた時点で、何故、日本人は抗議しないのか?

ヘラヘラ笑っていれば争いは無いなどと、いつも立ち向うべき時に逃げているから、朝鮮人などに舐められるんだ・・・という文言は、外交と防衛を担う国会議員に言うべきでしたね。 それでは、下記のブログを見て下さい。

反天連基地外デモ

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」ブログより http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7594.html (概略文)

まず、日本が行った戦争は、100%侵略戦争ではない! 支那事変は、支那共産党が日本軍を銃撃して盧溝橋事件を起こし、支那軍が停戦協定を何度も繰り返し破って継続・拡大した戦争。 盧溝橋事件の約3週間後には、支那保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺した(通州事件)。 更に2週間後、支那軍は数十万人という大軍で上海の国際租界の日本人居留区を包囲攻撃した。

支那軍機は上海市街地のホテルやデパートを爆撃して民間人や外国人を大量殺害した。 その後も支那は、日本が提出した和平案をことごとく蹴り、戦争を継続し、支那人民を虐め抜いた。 支那軍による徴発・徴用・徴兵は過酷を極めた。

支那軍は、上海市街地爆撃の他、焦土作戦、黄河・揚子江の堤防破壊(決壊)などによって多くの民衆を殺害し、世界で初めて違法毒ガスを使用したり細菌戦を行なったりするなどの暴虐・悪逆の限りを尽くした。 支那が戦争を始めて、日本が何度も何度も「やめよう。やめよう。」と言ったのに、支那がそれを無視して戦争を継続・拡大して暴虐の限りを尽くした戦争なのだから、日本にとっては自衛戦争以外の何ものでもない。

それにもかかわらず、満州や支那での利権を狙っていたアメリカは、支那に対して金や武器を援助し、日本に対しては経済制裁を行った。 当時の日本は、石油の殆どをアメリカからの輸入に頼っていた。 そのアメリカが日本への石油の輸出を禁止した。 アメリカ以外では、わずかにイギリスやオランダ(オランダ領インドネシア)などの輸入先があったが、アメリカががイギリスやオランダにも日本に石油を売らせないようにした。

当時の日本は、アメリカから「日本に石油を売らない」と言われたら、戦争をして石油を確保するしか選択肢はなかった。 完全に日本の自衛戦争だった。 日本が大東亜各地において欧米列強(侵略者)を追い出し、現地人の軍隊を創設して教育して訓練を与えたことは、大東亜戦争が日本による侵略ではなかったことを証明している!

 連合軍最高司令官として無法な対日占領作戦を敢行したマッカーサーでさえ、1951年5月3日、アメリカ上院軍事外交委員会において「日本が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだった」と証言した。 【終わり】

日本から出ていけ” への2件のコメント

  1. お疲れ様です。

    この題名、左翼からの抗議はどんなのんなんでしょうか?

    ところで>、在日や日教組の基地外共が、九段の聖地へ「反天連」と称してデモをかける。

    これは一般国民としてどのような対応が良いのかはわかりませんが、このデモに抗議するとヘイト、ダンマリをきめれば、中国と同じで、より狂暴化します。
    以前、酒の席で私の若気の至りの話をしましたが、その後、彼らはかなりの反撃にきました。暴力も含めてですが。

    そう、ダンマリを決めれば、次は一部の破壊行為や、対立団体への暴力行為が出てくるでしょう。
    ヘイトという言葉をバックにして。

    もしも、後藤田氏や佐々氏が現役だったらどんな対応とるのだろうか?
    今の国家公安委員長はお飾りな気がしてなりませんね。

  2. 慰霊するべき日に騒ぎ立てるのは、広島でも同じですね。原爆の犠牲になられた方に祈りを捧げる大事な時間くらい静かにできないものか。しかも原爆に反対というデモならともかく、憲法守れとか、アベ政治を許さないだとか、この場で言うべきか疑問なデモも…。デモ隊がワーワー言うから、黙祷もできない警備員もいるんですよ(–;)広島市は平和記念式典の間にデモを規制するかどうかアンケートを行ったそうですが、是非有効な手段を考えてもらいたいですね。表現の自由も無制限ではありません。ただし、普段注目を浴びない彼らは、ヒロシマ・ナガサキの日や終戦記念日などの限られた舞台に全力を注ぐため、表現の自由を楯に反対するでしょう。腰を据えて裁判も見越してしっかりとやって欲しいです。

    デモ警備にあたる警官も大変かもしれませんが、名指しでの挑発に論戦で冷静に対応する政治家さんも大変だと思います…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です