シナの牙?

28日は16時から西区のサンプラで、「#川本たつしさん」の、政経セミナーを開きました。  予定より多くの方々にご参加頂き、本当に感謝に堪えません。  

私は会が終わる前、18時に会場をあとにして岩国空港へ。羽田行き19:35発の便で東京に向かいました。  21:20分ほどに到着したのですが、空港内のリムジンバスや出口までに30分近くかかり、東銀座のホテルへ行くために京急に乗ったら何と品川停まりで、結局ホテル着は10時40分。 やはり、始めての夜間の移動は、綿密に調べて行かなくては・・・反省です。  

さて、翌日の事は、またいつかお話する事として・・

>日本が韓国に甘いケーキを食わせ続けるのをやめるというのは,北中心での半島統一を容認するということでもあります.将棋でいうと,玉の近場の金を一つ取らせる,ということです.でも,そうなった暁には,必ずしや中共の狂犬が牙をむく. 「その時どうするか!」ということこそが,実のところ,「戦後レジーム」の清算に関して唯一,真剣に議論するべきテーマであったりもします. いかがでしょうか?  

米中の通商問題に関しては、追加関税の弾数が豊富なアメリカが圧倒的有利に進めています。  

米は今回、6月くらいに第四弾として、3250憶ドル分の追加関税を用意していましたが、米中首脳会談で一時中断。  6月29日の首脳会談後は、シナが金融分野や、鉱業・サービス分野などの規制緩和策を提示し、トランプ批判を避ける方向に進みました。  

今朝の新聞でも、「何故、習近平が妥協し始めたのか?」。  8月の、共産党幹部や引退した長老など、有識者が集まる非公式会議「北戴河会議」と、10月には「中華人民共和国」建国70周年があるので、そろそろ結果が欲しいのです。  

一方、トランプさんとしても同じ事。秋以降は、大統領選が本格的になり、9月17日~30日は、ニューヨークで国連総会があるから、こちらも、目に見える結果が欲しい。  国防の観点では、2017年10月の共産党大会で、習近平は建国100周年を迎える2049年までに米国を越える「現代化強国」になると宣言。  

しかし、一人っ子政策が災いして、2020年のシナの65歳以上人口は12%となり、2050年には26%を超えて、面倒を看る家族がいない高齢者が3憶5千万人という「超老人大国」となります。  

  軍備拡大路線をひた走ってきたシナは、社会保障の整備を怠ってきましたから、2049年に米国を抜いての「現代化強国」の宣言は、実現出来そうもありませんね。  米中貿易戦争、一帯一路の停滞、香港デモなど、7年の習政権の明らかな失政が続いています。  

このまま、国内の反対勢力に追い詰められれば、習氏は、香港は勿論の事、台湾や南シナ海、尖閣などに武力衝突を仕掛けるのではと言われていますが、私はそうは思いません。  

今の台湾は完全にシナ経済に絡めとられていますから、今の蔡英文政権も、子供が家の中で自由に遊びたいと騒いでいるようなものだと思います。  

朝鮮半島は、多少の混乱があろうと、北の主導で統一すれば完了。 尖閣は、日米安保が健在ですから大火傷はしたくない。  

今のシナの軍事力で上げられる効果的な戦利品は、南シナ海の基地を効果的に使った、軍事力・経済力の弱い東南アジア諸国への、経済を含む領土侵略だと思います。  

習政権はこれ以上の失敗は許されませんから、この辺りの小競り合いで、「現代化強国」という大風呂敷を誤魔化すしかないのではと予想していますが、皆さんはどう思われますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です