スイスは素晴らしいとサヨ君も言ってた

>どこぞのお国が、例え内戦になったとしても、本邦は「内政干渉」は憲法九条によりできないことになっております。粛々と、「中立・不干渉」を宣言すれば良いのでは、ちょうど第二次対戦中のスイスのように。 

 日本は今まで、朝鮮半島に対して「異常な過干渉」でしたから、今回の見直しを期に、徹底した「不干渉」を貫けば良いかと。それだけで、親朝鮮のマスゴミや野党は、気が違ったように大騒ぎするでしょう。TV新聞オンリーの情弱者達も、少しはおかしさに気付くかも知れません。

 優遇されれば、感謝を持って相手を礼遇すべき。

 分別の無い子供への、理由なき優遇は、やはり、教育に良くありません。躾のためには厳しく対処すべきですが、他人の子供まで心配する事はありません。朝鮮半島には、シナという実家があるのですから、向かいの米という怖いオジサンと共に、教育再生をお願いするのがスジでしょう。

 他人の子供に、毎日理由も無く飴をあげていたら、何時しか、飴しかくれないのか?となり、焼肉食わせろ。ゲーム機を買え。金よこせとなる。日本は、本当に反省しなくてはいけませんね。 

>そういえば、先の大戦中のスイスは、連合国側の航空機も同盟国側の航空機も、領空侵犯した際には区別なしに撃墜したそうですねえ。 

 これは知りませんでした。でも、そうでしょうね。永世中立国っていうのは、防衛上どの国の助けも干渉も拒絶することですから。

 スイスのように、皆兵制度のもと、全国民が有事には防衛に従事すれば、国全体がハリネズミ状態ですから、他国は攻撃できません。

 ですから国際的信用度が圧倒的に高く、世界中の富豪のお金がスイス銀行に集まり、金融の一大拠点となっているわけです。シナ得意の策謀も、全員が同じ思いの兵士なら通用しません。

 各家庭が普通に自動小銃を所持し、対戦車砲や携帯の熱感知対空ミサイルを常備する官庁や病院があり、家庭の98%は核シェルターを設置、スーパーや駅など、人が多く集まる処には、地下に1000人~3000人規模の大型の核シェルターが設けられ、飲料水食料の備蓄は最低でも半年以上と聞いています。

 アメリカのように学校などで銃乱射事件もありません。速攻で、兵士並の教職員に反撃されますから。

日本がこうなれば、どこの国とも安全保障条約は不要ですね.共産党も左翼も、存在価値が無くなるけど【大笑い】

 いらんことですが、1:48AM投稿はいけませんよ。

人間の生活は、日の出に起きて、日の入りに寝る!です。でもまあ、日の入り時間は、色々とその人の都合もありますけど、基本、その日のうちに寝んと、体に堪えます。私の歳になったらわかりますよ。 

ちなみに私の夏の毎日は、朝5時前に起きて、かなり長い散歩をして、(今は、市政報告を毎日1時間程度配ってます)ほぼ汗だくでシャワーを浴び、半パンでパソコン検索。新聞見ながらの朝食をとり、ジュンテンドーで買って2年前に植えたレモンの木、50円の見切り品だった白ゴーヤ2本、1本だけ残ったキュウリと、正体不明の南米のピーナッツの水やりと、メダカの餌やりが終わって7時頃という毎日です。

 まあ、体力は現状維持できれば良しという事で、毎日5000歩がノルマになってます。

 昨日ようやくカープが勝ったので、今朝は街の空気も爽やかでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です