真っ当な政党が欲しい

>二国間の条約を平気で踏みにじった国が、WHOに提訴して国際法的に訴えるなど、いったい何を考えているのか!と言いたいですね。

>彼らにとっては,日本が韓国をホワイト国に指定しているということは,あたかも冊封体制下における「下位の国」が「上位の国」に貢物を差し出すというのと同じ感覚で,それこそ快感に浸っていたのでしょう.

>周りが自分に合わせろ、という感覚を、韓国は政府や国民総じて持っているところが、すごい。 

 あの訳の判らないプライド満杯の特権意識は、どこから来るのでしょうか? 私には理解できません。

 約束事を平気で踏みにじり、保身のためなら、嘘もデッチ上げも厭わない。これを個人間ではなく国家間でも普通に行う厚顔無恥な人々。

 日本が甘やかしすぎたツケが来たというべきでしょう。欧米の各国は、韓国を「ホワイト国」などに認定していないのですから。

 「WTO提訴」大歓迎。韓国が、如何に国際的信用が無いかを証明されるだけです。

日本の政治家も、いい加減に真っ当な歴史を学んで頂きたいです。

朝鮮人の、根拠のない一方的な口撃に怯み、つい頭を下げてしまうのは、自分が本当の歴史を学んでいないからです。

今まで日本が朝鮮半島に、まるで馬鹿みたいに尽くしてきた歴史を知っていれば、その場ですぐに切り返せるはず。

何度も言っていますが、「嘘も100回言えば真実になる」という、大人の人間として最も恥ずかしい事を、平気で出来るのが今の朝鮮人です。

これがヘイトスピーチなら「日本死ね」が、流行語大賞にノミネートされた時に、日本の全放送局の在日幹部を、ヘイトスピーチで訴えるべきでした。

 日本人は外国人の事を、「同じ人間なんだから、話せば判るはず」だと、無邪気に思っていますが、そんな事は絶対にあり得ない。特亜三国は、日本の人の良い平和ボケ左巻き達を、真のバカ者とせせら笑っています。

 今度の8月6日の平和ミーティング「日本の生き残りをかける!」では、ロシアにクリミア侵攻されたウクライナ留学生のお話もあるようです。しっかり、その体験談を聞きたいと思います。

 自国の防衛を蔑ろにした国は、例外なく自滅するのです。

 自分達の子や孫の未来のために、この参議院選挙は大きな分岐点となります。

私は一応自民党員ではありますが、今の自民党の体たらくでは、積極的な自民党支持とは言い難い。

最終的には、消去法を取るしかないから自民党候補を支持していますが、まともな国会議員なら、国の専権事項である「国防と外交」を優位にするため、積極的な憲法改正論者であるのが当然のはず。

何故、自民党より真っ当な保守の政党が出来ないのか。国を支え守る真の政党が欲しいです。

棄権はしたくないけど、選ぶ議員がいない。そして、選ぶべき政党が無い。

今朝がた、参議院議員候補の街宣車の段取りをして、日本にとって本当に大事な候補が誰なのかを考えもしない烏合の衆に怒りを禁じえず、また駄文を書いてしまいました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です