アンパンマンの限界

日本共産党「志位和夫」のツイート 5月6日

首相は、9条改憲の理由を「違憲論争に終止符を打つ」と言うが、自衛隊違憲という批判があったからこそ、政府は憲法との適合性の説明責任を負わされ、海外派兵の歯止めになってきた。これに「終止符」が打たれたら歯止めが失われ、海外派兵が無制限に拡大する。「終止符を打つ」とはそういうことです。 

 「憲法改正したら、戦争できる国になる」という論法と同じ程度で、憲法に自衛隊を明記するという議論が、「自衛隊の加憲で、海外派兵が出来るようになる」と。

 今の憲法でも、H21年に海賊対処法を制定して、ソマリア沖アデン湾の海賊対策や、国連PKOでサマワなどに海外派兵してますが、何か?って事ですよね。

 「憲法改正したら戦争が出来る国になる」ってのも、世界中の国々がそうなってますけど。 「日本だけは国を守る事も出来ないままでいろ!」って、最悪な特亜3国が喜ぶだけでしょう?

 いつまでも、「一国平和主義」なんていう非現実的な反日夢想を語るだけで、国会議員の給与を国から頂いているなんて、羨ましいかぎりですね。

 日本共産党とその支援団体は、破壊活動防止法で、公安からテロ等監視団体に指定されているんだから、いつまでも「平和の党」なんぞの仮面を被ってないで、そろそろ指定団体らしく、朝鮮総連等の仲間と一緒に警察署を襲ったり、原発破壊活動を宣言したら如何でしょう?

 そうそう、昔のお仲間の金豚君と、よりを戻すのも一計かも。

 アメリカに相手にされず、シナからの目立った支援もなく、ロシアからも無視された「引きこもり中の金豚君」は、短距離ミサイル発射で韓国を恫喝したつもりなのでしょうが、国際社会の反応は期待通り最悪に。

 あとは、安倍さんの釣り針に、いつ引っ掛かるかだけですね。「金くれ金くれ」だけでは、体重減らさないと釣り糸が切れる心配はありますが、後ろでトランプさんが、大きな網を構えていますから、何とかなるでしょう。

所詮、「大山雷同してネズミ一匹」程度の小者なんですが、なんせ、「基地外に刃物」とも言いますから、出来れば慎重に包囲したいものです。

 

アンパンマンの限界” への1件のコメント

  1. https://ja.wikipedia.org/wiki/日本人民共和国憲法草案

    さすが国民とは明記せず人民!人民とは。
    1900年代の人民は、確か臣民との対義語としてかなり多く使用されており、人民=PEOPLEと訳していることが多かったと思います。

    また、国民=NATIONとPEOPLEを国家の概念をはずす(共産主義は国家を超越し世界がひとつになろうという理想もあるようだが)ためのことであろうが、中国や北などの人民共和国の現状を理解してこの草案の人民を強調しているのだろうか?

    まあ、憲法9条があったから自衛隊は人を1人も殺していないのです、とツイートしたのですが、数根前は、自衛隊予算を人殺し予算とテレビで発言した党員がいる政党は思えませんな。

    しかし私は、立民党や国民党よりも、(政権はとれはしなが)野党しての面白さを持った政党だと一定の評価はしております。

    立民党や国民党には、逆に怒りしかわきませんので、共産党には、思い切り笑わせていただきたい、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です