ジャンクフードで頑張れ!

北朝鮮の食糧生産ここ10年で最低 「緊急支援必要」=国連

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00000025-yonh-kr

 【ジュネーブ、ソウル聯合ニュース】国連は3日、北朝鮮の食糧事情がここ10年間で最悪の状況にあり、食糧不足を解決するには136万トンの食糧支援が必要との調査結果を発表した。

 国連食糧農業機関(FAO)と国連世界食糧計画(WFP)が発表した北朝鮮の食糧状況に関する評価報告書によると、今年(2018年11月~19年10月)の北朝鮮の食糧需要を満たすためには136万トンの穀物を輸入する必要があるという。 

国連は馬鹿野郎か?! 

分かり易い例を挙げれば、北朝鮮の沿岸漁業の権利をシナに売ってる件。仕方なく北の漁業者は、あの小さな木造船で、日本海のど真ん中で魚を取らなくてはならない。だから、日本に漂着する船が増えている。その権利を売った金は、全てミサイル開発に使っているんだぞ。本当に国連は、情報弱者のバカが多い。

 もっとも、飢餓の問題を体重130kgの金豚が言っても、何の説得力もないけど。

テポドンの発射実験を止めれば、国民の食糧事情などは直ぐにでも改善すると、バ韓国も言ってるよ。金豚も、少しはダイエットしないと、親父のように糖尿病で若死にするようになるぞ。

でも本当は、国民の期待に沿って早く糖尿になる方が世の為、人の為。即効で効果があるのは、ジャンクフードらしい。ハンバーガーに大盛ポテト、ポテトチップスや唐揚げ、霜降りの分厚いステーキもお勧めで、間違っても野菜や魚は食べない事、美味しい物は体に悪いからね~。北朝鮮人民のためにも頑張ろうぜ! 

北朝鮮ミサイル発射費用、北住民1年分の食糧費」http://japanese.joins.com/article/383/150383.html

2012年04月13日10時08分 [ⓒ 中央日報日本語版]

  北朝鮮が「光明星3号」を発射するために投入した資金は8億5000万ドル、韓国ウォンで1兆ウォン(約700億円)近いと推測され、これは食糧難に苦しむ北朝鮮住民が1年間食べられるトウモロコシを確保できる金額だと、韓国のYTNが報じた。

  報道によると、北朝鮮は「光明星3号」を発射するため、東倉里(トンチャンリ)発射場の建設に4億ドル、ミサイル開発に3億ドル、さらに初歩的な衛星の開発に1億5000万ドルが追加でかかったと、韓国政府は分析したという。

  韓国国防部の関係者は、この資金で北朝鮮が中国産トウモロコシを購入すれば、250万トンを確保できると伝えた。これは、現在の配給量を基準に、北朝鮮住民1900万人が1年間食べられる量に相当する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です