スパイ映画じゃ~

>これから「令和」という時代を生きていくわれわれ日本人は、独自の元号を制定した大化の先人たちの初心を忘れずにして、「令和」という美しい元号に込められた深い意味合いを心にとめて、日本の平和と繁栄を守っていく固い決意の下で、一致団結して邁進していくべきではないのだろうか。

 この文章を、日本に帰化したとはいえ、四川省出身の「石平さん」が書かれた事は、とても意味があり重いことだと思います。本物の日本を知れば、いくらシナが反日教育をしても、自らの羅針盤を修正できる可能性が高い事を証明してくれています。 

 さてこれは、あまり表に出ていませんが、リアル「ミッション・イン・ポッシブル」ですよ~↓  

トランプ大統領の別荘に不法侵入容疑 中国人の女を逮捕 2019年4月3日 10時12分

アメリカのトランプ大統領の別荘に不法侵入した疑いで中国人の女が逮捕されました。女が、コンピューターウイルスが入ったUSBメモリーを持っていたことなどから捜査当局は侵入の目的を調べています。

アメリカ南部のフロリダ州にあるトランプ大統領の別荘「マー・アー・ラゴ」に先月30日、中国人の女が訪れ、警備にあたっていたシークレットサービスにうその説明を行って敷地内に入りました。

その後、別荘の受付の担当者が調べたところ、女の名前がその日の訪問客の名簿になく、うその説明をしていたことが判明したため、不法侵入などの疑いで逮捕されたということです。

女は、調べに対して「チャールズと呼ばれる中国人の指示を受けて、上海からやってきた。大統領の家族と中国とアメリカの経済関係について話をするよう言われた」と供述しているということです。

また、女は、携帯電話4台、コンピューター1台に加え、コンピューターウイルスが入ったUSBメモリーを持っていたということです。

捜査当局は、女がどのような目的で中国からフロリダに来て大統領の別荘に侵入したのか詳しく調べることにしています。

トランプ大統領は、この日「マー・アー・ラゴ」で過ごしていましたが、女が侵入した日中の時間帯はゴルフに出かけ不在だったとみられています。(終わり) 

 アメリカは、最初から女を泳がせた上に逮捕したようですね。

「女は、携帯電話4台、コンピューター1台に加え、コンピューターウイルスが入ったUSBメモリーを持っていた」なんてのは、スパイ映画そのままです。

この事件では、本気でシナを潰そうとしているトランプさんに対して、必死で抵抗するシナの焦りを強烈に感じました。「事実は小説より奇なり」です。近未来の米中露の動きが、薄っすら見えてきますな~。

まあ日本では、その前に、大ごとが山積してますがね(笑)

 

 

スパイ映画じゃ~” への1件のコメント

  1. これ,いかにも特亜の連中がやりそうなセコい戦略ですね.

    ただし,これが「せこいやり口」,「世界から軽蔑されるやり口」だということを,特亜の人に説得するのには非常に骨が折れる.なんせ彼らは,「世界中が,そもそもこの手の策術で動いている」と固く信じて疑いませんから.

    国力であろうと,経済力であろうと,文化であろうと,自分で地道に一から構築するのではなく,誰かが構築したものを,「かすめ取る」.いわゆる「横取り」,「やくざの親分が,子分から一番いいところをかすめ取る文化」なんですよね.

    トランプの足元をすくえば,覇権国の立場が手に入る・・・とかね.あほらし.

    老婆心ながら付け加えておきますと,

    もちろん,先進国にもスパイ活動はありますよ.でも,こんな露骨で幼稚なやり方はしませんよ.節度とプライドがありますからね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です