沖縄の甘えは、もう許されない

>沖縄が今後も日本の一部として,日本政府のもとで生きて行きたいのであれば,厳しい言い方かもしれませんが,こうした「現実」に目を向けて欲しいと思います. 

 沖縄の人々は、国と基地に甘えていると思います。実際に基地が無くなり、基地関連の補助金・交付金がカットされれば、沖縄県内の公共事業頼りの今の産業構造は一変してしまいます。

 沖縄は、地政学的にも重要な拠点だから、米国も自国の防衛ラインとして尊重していますが、今の甘えた要求を続けるつもりなら、それなりの覚悟が必要です。

 米国は、台湾情勢を考えても、沖縄をシナの手に渡すわけにはいきませんから、日本政府に対し、辺野古周辺の土地や海域を、米軍基地として強制収用するかもしれません。

 日本政府も、シナが水面下で、これ以上、沖縄世論に関与してくるなら、超法規的な措置として、内諾する可能性もあります。

 防衛は、国の専権事項です。それに地方自治体が関与する事は出来ないし、防衛や外交に責任が取れない地方自治体が、国の措置に反対する事は、無責任極まりない事です。

 強制執行が行われたら、辺野古の海域は米軍の管轄ですから、強制的に立ち退きが行われ、今の倍以上の速さで、滑走路が出来上がるでしょう。

反対するボートテロなどは、即逮捕拘留で、二度と沖縄の地は踏めなくなります。空港の顔認証は、そのためにも役立つのです。

あほ文が昨日、また馬鹿な演説をしたようですが、それについては後日。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です