バ韓国との手打ち?

【緯度経度】日韓疑似戦争の欲求不満 黒田勝弘 2019.1.28 12:22(ソウル駐在客員論説委員)https://www.sankei.com/world/news/190128/wor1901280011-n1.html

日本海での日韓の軍事的トラブルが尾を引いているが、日本と今にも戦争しそうな韓国側の高姿勢や興奮に接しながらどこか既視感があった。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2005年6月に似たようなことが起きているのだ。漁業問題が原因で、軍ではなく巡視船や警備艇による対立だった。 当時、韓国の新聞には「韓日の警備艇13隻が東海(日本海のこと)で対峙(たいじ)!」とか、「一触即発、緊張高まる蔚山(ウルサン)沖!」といった大見出しが躍り、いざというときの韓国軍の対応策として海・空軍の布陣状況などを紹介し、戦争シナリオまで書き立てている

 この時は、日本の排他的経済水域(EEZ)で不法操業していた韓国漁船を日本の巡視艇が追いかけたところ、韓国の警備艇がそれを妨害しかくまったためで、双方が海上で長時間にらみ合う事態になった。韓国側の不法行為が発端だったから最後は韓国側が謝ってケリがついたが、当時の日韓関係は2月に島根県が「竹島の日」を制定したことに韓国が反発し反日気分が高調していた。

 盧武鉉政権は日本に対し「外交戦争」を宣言し、日本とは「一戦も辞せず」と対日強硬論を展開した。当時、筆者は「官民挙げて“対日疑似戦争”を楽しんでいる」と書いている。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は盧武鉉の最側近で文政権は盧政権の再現といわれる。そして今また「日本に軍事的に断固対応」とか「警告射撃も」などいって、マスコミともども対日疑似戦争を楽しんでいるようだ。

 韓国では昔から「日韓戦えば」はエンターテインメント小説の定番である。その大方のシナリオは「日本が武力で独島(日本の竹島)を奪いにくる」ことが仮想戦争の発端になっている。

1990年代に200万部を超すベストセラーになり映画にもなった『ムクゲの花が咲きました』はその典型だが、この小説では日本の侵略に対し韓国が北朝鮮と共同開発した核ミサイルを最後に東京沖に報復発射するという話だ。

韓国人は酒席で笑いながらよく「日本と一度、戦争し勝ってみたい!」などという。韓国人にとって日本に対する最大の「恨み(ハン)」は過去、日本に支配されいじめられたことではない。日本と戦って自力で解放・独立を勝ち取れなかったことなのだ。

 対日感情の根底には、今さらどうすることもできないこの歴史上の恨みと欲求不満が潜在している。それをスポーツの対日戦やエンタメ小説・映画で晴らしているだけでは済まず、現実の政治・外交トラブルでも疑似戦争気分で「一戦も辞せず」などと高姿勢で日本非難に熱を上げるのだ。

 最近、韓国マスコミは日本に対し「戦犯国」「戦犯旗」「戦犯企業」など「戦犯」という言葉をよく使う。日本と戦争していない韓国がそれをいうのは不思議だが「日本と戦争したつもりになって日本を非難すれば気分がいいのだ」と考えればよく分かる。

 韓国では今年、「3・1独立運動100周年」で官民挙げてのキャンペーンが始まっていて、抗日テロをはじめ日本と戦ったシーンがドラマや映画まで動員して毎日のように紹介されている。

これで「日本とは戦って独立した!」ことにしておとなしくなってくれればいいが、そんな場面を繰り返し見させられたのでは逆に「本当に戦って勝ちたい」という欲求不満は高まるかもしれない。(終わり) 

 これは、笑い事では済まない。

昨年の日本は、「偽徴用工の問題」で米と情報交換しながら、経済制裁を含めて落とし処を探っていたのではと推測しています。

 しかし、12月20日の「レーダー照射事件」で、状況は一変。いつもの「謝罪しろ!金よこせ!」から、日韓の防衛問題に展開してしまいました。

 これは、日米にとって想定外の話。

 本来は、3月1日に予定されている2つの件案、「捏造韓国独立100周年」と、「シナへの関税発動90日猶予期限」を見据えて、期限を切って韓国に回答を求めていき、シナの制裁と同時期に「偽徴用工問題は国際法違反だろうが!」と、国際世論の中で制裁する段取りではなかったかと。

 それが、「レーダー照射の制裁」となると、相手がバ韓国ですから、軍事衝突など、予測不能な事態を招きかねません。

韓国は日米に、「瀬取り」の現場を抑えられた事を、確実に認識していますから、この場を誤魔化すには、「日本は低空飛行で威嚇した。悪いのは日本だ~」と、お得意の被害者顔で、とにかく大騒ぎして、国際世論を味方に付けるしか手段が無いのですが、まあ、それは200%無理な話。

 しかし、上記の記事のように、2005年6月のノムヒョン政権時代と同じ緊張状態が続き、高飛車に戦争を望む声が湧き上がったら、今の無能政権では抑えられない。喜ぶのは、北朝鮮とシナ、ロシア。アメリカは、シリア問題・ベネズエラ問題・国境の壁など、問題が山積してますから、今現在での朝鮮半島紛争は避けたい。

そこでトランプは、「sinzo~、ここは手打ちにしろ!」(手討ちじゃなく)。という結末になる前に、「瀬取り」の証拠を国際裁判所へ提示し、同時に国際世論に訴える必要があります。

韓国は、国連の制裁決議に違反した国であると。

 今の平和ボケした日本国民に、韓国・北朝鮮と一戦交える覚悟はありません。憲法改正の議論も出来ない国が、自衛隊の方々に、国を守れって言えますか? 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です