一晩寝て頭が冷えました ^^;;

消費増税の一点で、この政権は相当に危うくなるのは目に見えていますが、今の時点で他に頼る人は居ません。 色々ありますが、保守としては安倍氏を支援する事しか道はない。

あと3年、日本で安倍政権を持たせるためには、八面六臂の外交防衛だけではなく、日本の景気を上向かせて税収を上げることが重要となります。

政府の下請けである日銀に、国会決議で30~50兆円規模の公共事業国債を発行させて、県や市町村という公の市場に仕事を蒔くことが最良の方法。 これを来年早々にできれば、4月増税での市場緊縮も最小限に収まるでしょう。

兎に角、中途半端な経済政策では景気は戻りません。 5兆円? 冗談でしょ?

消費税3%での収益換算は、3×約2.3兆=6.9兆円。 増税した瞬間に市場ではお金が止まり、おそらく10年間は戻りません。  何もしなければ、逆に再来年度の税収は、5~6兆円の落ち込みが出るはずです。 最初にドンとした景気対策がないと、日本経済はお終いです。

さて、行ってきま~す。

 

 

一晩寝て頭が冷えました ^^;;” への4件のコメント

  1. こなは,なんとなくですが,大丈夫なような気もしますよ<消費税の増税問題.

    日本国民は,それほど馬鹿じゃない.

    今まで,あまりにも国内操業の条件が悪かった私企業群が,法人税の減税などを通して,急速に復活してくる様に思います.

    今は,
    「単なる消費者(受け身)の目」だけでなく,
    「生産者側(能動的)としての目」も大事にした方がいいと思います.

    繰り返すますが,なんだかんだ言って,日本人は気がついていると思います.

    少なくとも,だから安倍がダメ,叩け! という次元で考えている人はすくないと思います.

    「何をしてもらうか」ではなく,「何をするべきか」.これを国民のどれだけ多くが感知できるかが,全て勝負の分かれ目となるでしょう.

    とにかく,こなは,案外楽観視していますよ.

  2. こなさんの意見に私も近いのですが、消費税のアップと同時に法人税減税などの対策をなど講じており、実際は寝るケーノさんの言われるとおり、税収の落ち込みなどあるでしょうが、橋本内閣ほどの悪影響ではないのではないか、と思っております。(経済素人の超楽観論!)

    再来年あたりの日本や安倍総理の経済・外交対策に注目です。民主党との違いを、また、無能や寄生虫と化しているサヨクくんたちを排除できる絶好の機会でありますし、それと、韓国へのスルー外交を徹底してもらいましょう。それで5年後の日本は素晴らしい国になっていますよ。

    ところでこなさん、寝るケーノさんのところで失礼ですが、お会いして話をしたい件があるのですが、どこかでお時間ありませんか?

    先日相談した件、社外協力者もいるので、外堀を埋めていこうかな、と考えております。

    ご検討お願いします。

  3. 政権支持率・・・こういう情報は,色々な見方があると思いますが,私はやはり,今回は国民が非常に冷静にものごとを判断していると思いますよ.増税の是非は難しいところですが,何をするべきかという点について,国民は気がついたのではないでしょうか.

    http://www.hoshusokuhou.com/archives/32750349.html
    ―――――――――――――――――――――
    【緊急世論調査】 増税しても安倍内閣支持率アップ!!【共同・毎日】
    2013年10月03日21:01 | カテゴリ:マスコミ
    1:(ヽ´ん`) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★:2013/10/03(木) 17:01:12.05 ID:???0
    安倍晋三政権が、来年4月から消費税率を8%に引き上げる方針を決めたことを受け、共同通信と毎日新聞が緊急世論調査を行った。
    国民に負担を強いる政策決定だが、何と、共同調査では内閣支持率がアップ。 両社とも、消費税率増に賛成する意見が多いという、驚くべき結果となった。

    共同では、安倍内閣の支持率は63・3%と依然として高く、前回9月の61・8%から1・5ポイント増えた。毎日でも、支持率は57%で3ポイントしか下がらなかった。

    支持理由として、共同では「経済政策に期待できる」(24・9%)が最も多く、「ほかに適当な人がいない」(24・6%)、「首相を信頼する」(12・4%)と続いた。

    注目の消費税8%についても、共同は賛成53・3%、反対42・9%、毎日は賛成46%、反対45%と、賛成が上回っており、一定の理解を得た形だ。

    ただ、安倍首相が発表した6兆円規模の経済対策については、共同で「評価しない」は
    48・5%で、「評価する」が36・1%となるなど、シビアな意見が多かった。
    ―――――――――――――――――――――

  4. つづきです

    安倍政権の誕生で,国民が「本能的に」気がついたこと.それを一言で表すと,

    「消費者としての自分ばかりを見てきた,平成不況の二十年の呪縛から解かれた」.

    となるのではないでしょうか.

    奇妙なことに,平成の二十年間は,「生産者としての自分」の視点持つことが,事実上タブーとされてきました.それは,あくどい権力者の尻馬に乗ること.「純粋な消費者」出る時だけ,国民は清く正しくあることが出来る.

    マスゴミは執拗に,

    「公共事業」=「悪」
    「民間事業の政府バックアップ」=「護送船団方式」=「遅れたあくどい方式」
    「大企業の判断」=「どんなことでも,先ず間違いなく強欲な悪事」

    と言い続けてきました.そして,挙げ句の果てに,「純粋な消費者の顔をした民主党」に政権を譲るところまで来た.ところがです,民主党の無茶苦茶はさておき,野田総理がその座を降りてから,何が起こりましたか?

    安倍総理は,マスゴミの正義の真逆をやった.インフラに血税を注ぎ込み,日銀に介入してマネーゲームの出来る総裁に交代させ,公平な為替市場に圧力を加えて円安に誘導した.全て,平成の「純粋消費者」から見ると悪いこと,汚れのある権力の横暴です.

    ところが,それで何が起こったのか? あれほどまでに日本全体を覆っていた奇妙な閉塞感に,一気に風穴が開いたのです.それらの全てが,必ずしも悪いことではなかった.

    この間出張に行った富山でも,「北陸新幹線のインフラ」に,土地の人も明らかにワクワク感を感じていました.それから,卑近な例ですが,私の住む東広島も,国道375線の拡張工事が一気に始まって,それで私は大いなるワクワク感があります.

    日本だって,インフラ整備していいんだ.過去十年間で見事に進んだ中国沿岸部のインフラ整備を,今まで通り指をくわえてみつめながら,

    「ああ,これじゃ中国には勝てないや.もう日本はオワコン」

    って,今まで通りため息をつかなくってもいいんだ.

    あるいは,低下する円のレートを見るだけでも,気分は大違いです.今まで通り,指をくわえながら,

    「近隣諸国に比べて,日本での製造は圧倒的に金銭的に不利.だから,国内製造業はオワコン」

    って会話をしなくてもいいんだ.

    これは劇的な変化です.

    私達が今するべきことは,タダでさえナイ家計収入から,さらに絞り出して無理な消費をすることではありません.今一度,国内のあらゆる産業を活性化すること.そうすれば,多少の時間的遅れはあるでしょうが,必ず収入につながって,それから好きな形で消費すればよい.ちゃんとお給料がもらえる仕事をして,がっぽり稼ぎたい.日本人は,仕事に対して「嫌なこと」などという下卑た根性を持っていません.それで稼げるのなら,肉体労働であろうが,ちゃんとプライドを持って仕事に勤しみますよ.

    どこぞの「腐れ両班根性」と,おなじと思ってもらっちゃ困ります.

    消費することより,働くことが大事.みんな働きたいんだ・・・そういう風に見ると,先ほどの記事のデータも,全て整合性がとれます.

    だから,日本の将来は明るいと,やっぱり思うこなでした.

こな にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です