その通りだと思います。

>日本として一番いい処方箋は,「とにかく無視」,「関わらない」です.

朝鮮と言う国は、今までどれほど日本の世話になった事か。 しかし、仰る様に「日本人は人が良すぎる」のです。

腹芸と言われるように、「多くを語らず阿吽の呼吸で推し量れば、自ずと お互いの立ち位置が鮮明となる」・・・何てのは、日本人でしか通用しないのに、世界中でそれをやってしまう。  (とは言え、日本サッカーの代表の一人である本田選手のようなタイプは、どうも好きにはなれませんが ^^;; )

タラレバを言っても仕方ありませんが、伊藤博文公や脱亜論の福沢諭吉氏は正しかったと思います。 あの半島が、日本への匕首だと言われればそうでしょうが、日本はその為に日清戦争を戦い、日露戦争も日清戦争の戦後処理の流れで起きてしまったこと。

幕末からの富国強兵路線は、欧州を研修してきた多くの者にとって、喫緊の課題であり、この2つの大戦が無かった方が、国力・国防の充実は早く図れたと思います。

日露戦争がなければアメリカのオレンジ計画も無く、おそらく在米日本人だけが財産を没収され、収容所暮らしをすることもなかったでしょうし、満州の権益が無ければ、アメリカと正面切って戦う羽目にもならず、第二次大戦では、満州権益の為にアメリカと共同でソビエトに立ち向かっていた可能性もあります。

シナも、ソビエトの後押しが無ければ、毛沢東が天下を取れなかったでしょうから、アメリカが支援した蒋介石政権が勝利し、共産党一党独裁の国にはならなかったでしょう。

朝鮮半島は、多分ロシア語を話していたでしょうね。  また、台湾はアヘンの巣窟で未開地のまま。 シナも関心を寄せることは無かったと思います。

日本人の人の良さが、逆に災厄を招いたと考えることも出来ます。

でも、それでは アジア諸国の独立は無かったですよね・・・ やっぱり、朝鮮半島に関わるのは必然だったのかな・・・

その通りだと思います。” への2件のコメント

  1. やや乱暴に書きますが,

    >朝鮮半島に関わるのは必然だったのかな・・・

    まさに,歴史のいifを騒いでも仕方がないの言葉どおり,必然だったと私は考えます.

    大体,隣の国を全く無視して,自分だけが西洋近代国家の仲間に入って,それできれいさっぱりお終いよ,とまでに簡単にはいかないでしょう.

    問題は,まさに「脱亜論」のいうとおり,21世紀に入った今日においても,朝鮮半島が,一向に近代国家の精神性を理解しようとしない点にあります.だから,無視するしかない.

    戦前はおろか,戦後だって,キーセンが外貨獲得の主力だった国です.例えばこれ↓

    http://dogma.at.webry.info/201309/article_1.html

    この事実が直視できない連中が,なにをかいわんや.聞くだけむだ,というよりも,「下手に聞いたらバカがうつる」ってもんです.

    この程度の,現実と妄想の区別も出来ないで,それで一丁前の近代国家と思っているんだから,片腹痛いですね.

  2. 我が家に帝国新地図(文部省検定済・昭和十三年二月二十八日高等女学校・実業学校 地理科)があります。これを見るとカムチャッカ半島の先にある占守島及び阿頼度島までの千島列島、そして樺太の南側半分。朝鮮半島と台湾が我が国の国土として赤く記されています。満州国はオレンジ色で配色、ちなみに面積1,303,143方粁(km2)。人口30,879,717人。また南洋群島としてサイパン、ヤップ、パラオ、トラック、ポナペ、ヤルートの島々も日本の統治領となっています。巨大な海洋国家だったんですね。またアラスカを含む北米大陸と豪州大陸がアジア人に対する移民閉鎖国として記されてあり、明治維新後、日清日露を勝利した大日本帝国が英米露白人種からみれば我が国を疎ましく思うのがわかります。この地図の発行から3年後大東亜戦争の開戦となったわけですがABCD包囲網やハルノートで我が国を締め上げ戦争へと引きづり込んだのでしょう。
    ところで<祝>東京オリンピック2020年開催決定!・・・・支那人、半島人ざまあ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です