インドネシアの真似が出来るか?

インドネシア政府、「見せしめ」として違法漁船58隻を沈める

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160819-00000711-fnn-int

フジテレビ系(FNN) 8月19日(金)1時26分配信

「見せしめ」として、漁船を一斉に沈めた。

インドネシア政府は17日、拿捕(だほ)した外国漁船58隻を海に沈めたほか、南シナ海のナトゥナ諸島に、海上を監視する施設を造った。

周辺では、中国漁船が違法操業を繰り返していて、スシ海洋・水産相は、「魚を違法にとれば、どの国の船であっても沈める」と強調した。

取り締まりの強化には、中国の海洋進出をけん制する狙いもある。

*ナトゥナ島

天然ガスが産出するほか、漁業・農業が中心であり、観光業はまだ発展していない。インドネシアの排他的経済水域(EEZ)末端にある東ナトゥナガス田は世界最大級の埋蔵量を持つ。

*南シナ海領有権問題の余波

ナトゥナ近海でインドネシアが設定しているEEZは、中国が管轄権を主張する九段線と一部重複しており、係争海域となっている。

2010年と2013年にナトゥナ諸島近海で中国漁船がインドネシアに拿捕されたため、中国は武装艦を派遣して漁船を奪還した。

インドネシア側は領有権問題は存在しないとしつつも空軍施設の強化を計画するなど警戒を強めている。

2015年9月に同諸島を視察したリャミザルド国防相は、新たに海軍の艦船3隻と特殊部隊、さらに空軍の戦闘機4機を新たに配備する計画を表明した。これらにより、ナトゥナ諸島の駐留兵力は約4000人に倍増する。

インドネシアは中国を国際司法裁判所に提訴することも検討している。

中国は政府レベルでは「ナトゥナ諸島の主権はインドネシアに属しており、中国が異議を示したことはない」としつつ、メディアが「ナトゥナ諸島は宋代から清代にかけて中国か、中国系王国の支配下にあった」と報じている。(終り)

 

成る程、海洋資源等からすれば、ナトゥナ島海域は沖縄と同等の危機レベルにあると思われます。

しかし日本が、シナの公船20隻と、400隻以上の軍事訓練を受けた民兵漁船を拿捕して、全船員を拘留の上、漁船を沈めることが出来るかな?

今の外務大臣と二階さんじゃ無理でしょうな。CJzwdePUcAEPP-m

シナは、「九段線」をハーグの仲裁裁判で完全に否定されてから、喫緊の台湾問題を棚ざらしにしたまま、尖閣にのめり込んでいるような気がします。

それ程にシナの国内世論は、集金Pay政権に厳しく。国内世論に配慮すればするほど、国際的に孤立を深めるという悪循環を、日本との強硬路線で、国内の関心を逸らそうという狙いが見えてきます。

国際社会を見れば、アメリカだけではなく、EU離脱を決定したイギリス、ルペン率いる極右政党が鍵を握るフランス、オーストリア、ポーランド、チェコ、オランダなども、自国中心主義を掲げて、孤立化の連鎖が始まっています。

この動きを、ほくそ笑んで見ているのは、法地国家と真逆の人治国家、シナ・ロシア・北朝鮮などの無法国家です。

今の国際情勢では、もはや日本は、自国の防衛をアメリカ頼みで傍観する余裕など有りません。

「自らの血を流して自らの国を守る」という、「独立国として当たり前の決意」を持つ国民が増える事を、シナの手先の日本共産党や社民党、愚かなマスゴミが、必死で妨害しているのが今の日本の実態です。

img_0 憲法改正、特に自衛隊を軍隊として認めるために「憲法9条2項の改正」を急ぐ必要があります。

 

今日の産経朝刊より

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160816-00000033-mai-n_ame

バイデン米副大統領は15日、東部ペンシルベニア州スクラントンで民主党大統領候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)の応援演説をし、「私たちが(日本を)核武装させないための日本国憲法を書いた」と語った。共和党大統領候補の実業家、ドナルド・トランプ氏(70)を批判する中での発言だが、米政府高官が、日本国憲法を「(米国が)起草した」と明言するのは極めて異例だ。

バイデン氏はトランプ氏を「事実から学ぼうとしていない」と批判した上で、日本国憲法の話題に触れた。トランプ氏が今春、日本や韓国の核武装を容認する発言をしたことを念頭に置いたとみられ、「(トランプ氏は)学校で習わなかったのだろうか? 彼に(大統領として)核兵器発射コードを知る資格はない」とも非難し、会場は笑いに包まれた。

バイデン氏は今年6月、米公共テレビ(PBS)のインタビューで、中国の習近平国家主席に対して北朝鮮の核開発阻止で協力を求める中で、「日本は事実上、一夜で核兵器を製造する能力がある」と伝えたことを明らかにしている。(終り)

「私たちが(日本を)核武装させないための日本国憲法を書いた」・・・

今更の話ですが、アメリカから改めて言われると、腹が立ちますな。 しかも・・「日本は事実上、一夜で核兵器を製造する能力がある」 何て言うのは、ちょっと無理があるだろ~

ハード事業として作ろうとすれば、確かに半年もあれば世界最高レベルの小型核兵器が完成するでしょう。

しかし、憲法改正の議論さえままならない今の日本で、核保有なんて夢のまた夢。

日本会議に席を置いて言うのも悔しいですが、次期国会で憲法改正の論議を始めようなどと言った途端、何が起こるか・・・でしょう?

日本人の敵は、まさに日本人なのです。

核先制不使用、米司令官に反対伝える 米紙報道    毎日新聞2016年8月16日 10時48分(最終更新 8月16日 11時22分)

【ワシントン会川晴之】米ワシントン・ポスト紙は15日、オバマ政権が導入の是非を検討している核兵器の先制不使用政策について、安倍晋三首相がハリス米太平洋軍司令官に「北朝鮮に対する抑止力が弱体化する」として、反対の意向を伝えたと報じた。同紙は日本のほか、韓国や英仏など欧州の同盟国も強い懸念を示していると伝えている。

オバマ政権、ええ加減にせえよ!!  です。

世界最強の国が、「アメリカは、もはや世界の警察たり得ない」などと、言や~がって、結局、ISやシナを増長させた罪は、万死に値するぞ!!

世界最強の民主主義国が、自国しか見ない「内向き外交」で、同盟国をないがしろにした上に、今度は、核先制不使用宣言かよ。

 そこまでするなら、ついでにトランプ並に日本に言ってくれないかな~

「アメリカは、今後自国の国益のみを追求する。同盟国には、あと半年の猶予を与えるから、応分の武装を選択せよ」と。

 外圧にめっぽう弱い日本。 幹事長がシナ寄りの二階さんだから、どういう判断を下すか?

 大量のシナの運動資金が流入しているクリントン財団のクリントン政権になっても、日本に自主防衛を迫るトランプ政権になっても、基本的なアメリカの立場は変わりません。

 アメリカの若者が、日本人の為に血を流すことは、最初からあり得ないのです。  

何故か高齢問題児同士の二者択一しかない次の米政権。

日本の選択肢は、「安倍政権の今、水面下での応分の武装を選択しながら、尖閣諸島の防衛増強と、南沙諸島への政治的関わりを強めて、少しでも時を稼ぐ」しかありません。

 

暑い毎日が続いてます

皆さん、お変りありませんか?

都知事選、面白いですね。 ただの傍観者として言ってま~す。

民進党の蓮舫女子が圧倒的な票数で当選する様ないい加減な都市ですから、どんな結果が出るか楽しみなだけです。

下馬評通り、小池さんが競り勝つとは思いますが、阿倍さんも嫌々どこかの元知事への応援メッセージを送ったようですね。国会は、もう勝敗が判っているはずなのに。

鳥越さん? そんな人居ましたっけ? 76才の痴呆老人が当選するようじゃ、東京都もお終いですがね。

鳥越 馬鹿発言

原発発言とか、憲法を守れとか言うなら、この前の参議院選挙に共産党公認で出ればよかったのに・・・それなら楽勝で当選しましたよね。

6年後は82才です。 男性の平均寿命を越えますが、まあ、国会で質疑なんかしたら、生来の馬鹿さ加減が露呈しますから、分相応に当選後、即入院され、そのまま美人看護婦に囲まれて、82才まで別荘で過ごされた方が得策かと思います。

それでも3千万近い歳費は毎年支払われますから、共産党への上納金を除いても、大変お得な選択ではなかったかと思いましたが、・・・惜しかったですね。

今回、もしかして、森なんとかっていう歌手に応援演説させて、歌まで歌わせた選挙違反行為が引っかかれば、留置場行きですからね。 選択を誤って、天と地の違いを体験されるのも一興でしょう。

今回で、ニュースキャスターとかいう人種が、どんだけ不勉強でいい加減な奴らかが判りました。

批判だけしてりゃ、ご飯が食べれたのに、自分から批判される立場に立つなんて、なんて愚かな・・・まるで、「すっから管」の再来ですな。

莫大な選挙資金はいったいどこから出ているのかな?

例の如く、革新系過激派団体経由のシナ直送便?

 

 

ちょっと又 忙しい日々が続いてます

今日から2日間、視察で名古屋近辺に行ってきます。 先週は3日間東京と、出張が多く、今週の日曜には私の市政報告会がありますので、その準備が結構大変です。

最近は、判り易いようにパワーポイントを駆使して報告会をしますので、中々判り易いと好評です。 ・・・が、準備が大変。

さて、31日には、中央市民センターで、佐藤正久先生をお呼びしての、日本会議廿日市支部の後援会。 ここまでは、超が付くほど忙しいです。

そろそろ、行きま~す。 灼熱の名古屋へ~

 

報われない仕事を黙々と出来る人々が日本には居る

日本赤軍最高幹部 重信房子

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E4%BF%A1%E6%88%BF%E5%AD%90

「重信は「ハーグ事件」への関与で国際指名手配を受けたものの逃亡を続けた。その後、不法に入手した偽造旅券を使って日本に不法入国、しばらく大阪市西成区のマンションに潜伏していた。

2000年、日本赤軍の支援者を視察していた大阪府警警備部公安第三課は、視察対象者が重信に似た女性と接触していたのを現認した。

重信はホクロが特徴となっていたが、化粧でホクロを隠していた。

重信に似た女の視察を始めた同公安第三課は、特有のタバコの吸い方から重信本人と突き止めた。

また公安第三課は重信に似た女が某所で飲んだ際に使用されたコーヒーカップから指紋を採取し、重信の指紋と一致した。

11月8日に潜伏していた大阪府高槻市において旅券法違反容疑で逮捕される。」

 

先日、このテロ組織の指導者「重信房子」の逮捕に至る過程を、詳細にドラマ化した番組がありました。

こなさんが書いておられたように、破壊活動防止法(破防法)等に関わる捜査は、日の当たらない本当に地を這うようなもので、尾行・張込み・聞き取りなどを何年も続け、確実な情報を公安に流すだけの地味な仕事だと知りました。

上記の公安三課は、その方々の情報をもとに逮捕に至った訳ですが、その情報を流し続けた多くの人々は、公に顔を知られない為に、逮捕劇には参加できない。何とも報われない仕事に黙々と携わる人々の働きで、今の日本は平和を維持できているのです。

先程、投票に行ってきましたが、若いご夫婦が乳母車を押しながら、投票所に入っていかれる姿を見て、投票日というのは、この人たちの未来のためにも、政治家が改めて襟を正す日なのだと気づかされました。

今日、どういう審判が下されるか判りませんが、選ばれた方々は、日本国民の為にしっかりと仕事をして頂きたいと思います。

やれやれ、嫌なりますが、民進党の余りの不甲斐なさが原因で、破防法対象団体の共産党が、恐らく今回も票を伸ばすのでしょうね。

こんなテロ支援団体に投票した愚かな日本国民は、即刻地球市民として、パスポート無しで国外退去して欲しいですよ。

日本共産党は、シナ共産党の為に、日本の貴重な国税を使う白蟻どもですから、地球市民と一緒にシナへ移送したら如何でしょうか?

その日の内に全員処刑でしょうな。祖国を裏切るような奴は、シナでも要らないはずですからね。

 

 

なるほど・・・

>EU関係者は米紙に、公式の場では「フランス語とドイツ語の使用を増やす」と明言した。

あっさりとしたものですね。

4日の産経は、p9のオピニオンで、フィナンシャル・タイムズ(英)やルモンド(仏)の記事を紹介しています。

フィナンシャル・グループは総じて、「保守主義と政治的安定で知られた国が、暗闇に向かって飛び込んだ」という、かなり批判的な文章を掲げています。

一方、デーリー・テレグラフ紙は、「英国は今まで常にグローバルなプレーヤーだった。これからも、そうであることで繁栄する」と離脱を歓迎。完全に国内世論が二分している事が見て取れます。

しかも、離脱派の旗手であったジョンソン氏が、党首選に参加しないと表明した事も影響して、再び国民投票をするよう求める人々が300万人を超えました。先程のニュースでも、離脱派の「イギリス独立党」党首がまた一人逃げ出しましたね。

こいつら性根が入ってないな~ 最終的に英国は離脱なんてできっこないと考えてか、国民をあおるだけあおっておいて、離脱に決まったら逃亡。イギリス紳士がきいてあきれます。

発言した責任は必ず取るのが選挙で選ばれた議員の役割。「英国を取り戻せ!」と言っていた奴が、今度は「自分の生活を取り戻したい」だってさ。馬鹿たれが、それならついでにバッチ外せよ。

英国の混迷は、当分続きそうです。

さて、バングラディッシュでの悲しい出来事。 亡くなられた7人のご冥福を心からお祈りしたいと思います。

ジャイカ(青年海外協力隊)の方がほとんどだと聞きましたが、中には80才の方もおられ、生涯を発展途上国の為に捧げようという清廉な気持ちを踏みにじったテロ行為には、改めて強い怒りを感じています。

こなさんも、かなり長く経験されたと聞いています。私も他人事とは思えない事件です。日本で同じことが起これば、これ以上の大惨事となりますが、その時に警察官は引き金が引けるのか?

先日、退役自衛官の方のお話を聞く機会があり、その中で、「ある自衛隊幹部が、海外派遣で何度も危機に遭遇した。撃たなくてはならない場面もあったが、一度も撃てという命令が出せなかった。これが唯一の反省点です」と聞いたそうです。

何故なら、「自衛隊は軍隊ではないとされているので、例え敵であっても撃ち殺せば殺人となる。人を殺せば、殺人被疑者として民間の裁判所で審議される。軍隊での軍法会議があるなら、こんなバカな事はあり得ないのだが、法律が整備されていないので、撃てと命令した自分は仕方がないにしても、命令通り撃った隊員が罰せられるのは絶対に避けたいから・・・」

これが、我が国の防衛事情です。 憲法変えましょうね。 本当に急務ですよ。

参議院選挙に行きましょう。 誰とは言いませんが、憲法改正を真正面から打ち出している政党に投票して下さい。 間違っても、共民合体の選挙互助会などに投票しないように。

 

 

スイスという国

スイスという国は面白いですね。日本でのイメージは、アルプスの少女ハイジくらい牧歌的なもの。

しかし、この永世中立国の実態は、過去の戦争の反省から筋金が入ってます。

日本の民共合体連合が、戦争法反対~って言ってる安保法制。その集団的自衛権が、このスイスには無い。

この国は、他国を頼らず自国を防衛する「個別的自衛権」の国です。

民共合体のアホ達は、もっとこれを言えばよいのに、彼らも判っているんでしょうね。自分たちの論理破たんするのを。

ご存じのようにスイスの国防は、徴兵制で国民皆兵が基本です。国民は男女問わず一定期間の軍事訓練に従事し、ある程度の武器に精通し訓練を怠らない。

スイスの各家庭には、マシンガンや最新の自動小銃程度は普通においています。また、9割を超える普通の家庭の地下室には「核シェルター」があり、半年以上の食料と水が装備してあります。

近所のスーパーや駅の地下にも、普通に100~1000人規模の核シェルターが装備され、そこにも収容能力に比例する備蓄があります。

これが、個別的自衛権を選択した国の現状です。 これが平和ボケした今の日本で出来ますか? チャラチャラしたボンクラ娘や、引きこもりのバカ息子に、2~3年自衛隊で軍事訓練受けさせりゃ、少しはましになるでしょうが、そんな選択を、今時の「賢明で聡明でプライドが高い・・・と自分だけ思っている」馬鹿親がする訳ないでしょう?

だから、日本は現状を熟慮して「集団的自衛権」を選んだのです。今の現状で、自国防衛のために国土を友好国に貸与するだけでも「集団的自衛権の行使」になっているから。「地球の果てまで、同盟国アメリカの言いなりになって戦争するんだ」なんていう馬鹿げた事、アメリカ自体が要求しません。

日本が嫌いでシナ様が大好きな「日本のサヨク」達は、世界中から見れば、とても奇異な存在です。こいつらを「世界遺産」に登録した方が、観光客が集まるかも。

ただ、表題をどうするかです。「日本が大嫌いで、革命ごっこの後に日本を共産国家にして、シナ様に譲るのが夢」という集団では、登録申請が出来ません。

案外、こんなことかも

>離脱の意味理解せず投票?勝利後に英で検索1位

 【ロンドン=青木佐知子】米インターネット検索大手のグーグルは24日、英国の国民投票でEU離脱派が勝利を決めた後、英国で検索回数が最も多かった関連のキーワードは「EU離脱は何を意味する?」で、2番目は「EUって何?」だったと明らかにした。 国を二分した国民投票は投票率72・2%に上ったが、実は多くの英国民がその意味を理解しておらず、ネット検索に答えを求めていた可能性がある。     (終わり)

離脱を選んだ人の何%かは、「残留派が勝つ」という根拠のない予測から、「自分の一票くらいでは体制が変わる訳が無い」と、つい「無責任な体制批判投票」をしてしまったのでしょうね。

それが、離脱派の僅差での勝利を産んだことになります。

英国の没落は、今始まった事じゃないし、その発端を作ったのは、大東亜戦争で欧米の植民地をほとんど根絶やしにした日本だし。侵略が不可能なグローバリズムの果て、世界は自国民だけを見れば良い内向きの政治家を支持する訳ですか。シナ以外は。

こうなれば、シナと対極にある日本が、いづれは世界を背負うことになりそうですね。

 

ya~ どうもどうも

参議院選挙、盛り上がってますか? 盛り上がってませんよね。 でも、それなりにこちらも大変です。

こなさんが書いてましたが、英国のEU離脱。 まさかでした。最後には、理性的な判断が下るだろうと。 議員の殺害事件の影響もあって、流れは間違いなく残留派が勝つと思っていました。

しかしそう来ましたか、面白い。 まあ、イギリスは最初からEUに所属はするけど通貨のポンドは手放さないという、ある意味特殊な選択をしていたわけです。

自国の経済危機に関しては、ポンド印刷という独自の切り札を最初から持って参加している訳で、ギリシャ・スペインなどのアホと比べれば各段に賢い選択。

これで、独り勝ちだったドイツがEUで、どういう立ち回りをするかが見ものです。

偽善者が生き残るには、結構辛い時代になりましたね。 日本核武装論等は一先ず置いても、これでアメリカがトランプ氏を選べば、世界は日本の動向を注視せざるを得なくなります。

円も、輸出のプラマイ価格である102円までに回復したし、シナは英国という足場を失ったし・・・ そろそろ、シナの漁船が尖閣に上陸する頃ですね。

ノスタルジア

日本の左巻きのほとんどは、上から植え付けられた考えを疑うことなく、自ら考えることを辞めた連中が圧倒的多いと思っています。

学生運動華やかな頃に活躍(?)していた、私より年齢の高い「自称:戦士達」。不幸にも「渡る世間が極端に狭い公務員」になってしまった奴らは、未だに、あの全盛期の頃の夢をそのまま引き摺って生きています。

普通の生き方をすれば、どこかで左翼思想のおかしさや矛盾に気づくのですが、大学で真っ赤に染まったまま、自治労なんぞで赤旗同様の機関誌を書いて配って、労組や教組の金で沖縄や佐世保なんぞへ行き、若かれし時代を思い出して声を涸らして叫ぶ連帯感・・・帰りにその辺りの居酒屋で、ワイワイ言いながら(人の金で)飲む酒がなんと心地よい。

ノスタルジアというのか。 還暦過ぎた爺婆の郷愁など、ほとんど、どうでも良いですが、「生涯通じて、自分が正しいと信じた思想に、今の今まで気持ち良く酔って居られたのに、最近は日本会議なんぞという右翼集団が、我々善人(自称)の考えと真逆の思想をまき散らしている~」と、お棺に片足突っ込んでた奴までが、うごめき始めたのにはちょっと閉口します。

「自分たちの考えは絶対正しくて、自分たちを批判することは絶対に許さない!」

ほんと、これが社会主義思想の原点なんですよね。

左に凝り固まった爺さん婆さん。 あんたら、第三者的な眼で冷静に日本を政治を見たことがあるのかい? 無いよね。 古き良き学生時代から植え付けられた「ぼんくら思想」を、全く疑うことなく叫んでいるだけ。

本来の民主主義っていうのは、百人百様の考え方を「過半数という大まかな流れ」でまとめていくこと。それが絶対に正しい訳ではないけど、現在の政治家の能力では、それ以上のやり方は生き残りえない。

それを無理やり一方向にまとめようと思えば、独裁政権シナのような共産党一党独裁政権しかないでしょ。でも、あんたらは、社会共産主義が天下を取れない事に疑問すら感じない。

老後の生きる糧が「郷愁」じゃあ寂しくないかい? まあ、今更、自分の生きてきた道を全否定なんてできないだろうけどね。

多くの日本人を覚醒させているのは、実はあんた達なんだけど、やっぱりあんた達はめんどくさいわ。 国際便でシナに行って、空港で日本のパスポートを破り捨てて「地球市民です」って大きな声で叫んでよ。 頼むから・・・