明日の台風について

台風12号 2018年7月28日12時30分発表 

強い台風第12号は、28日11時には八丈島の東約230kmにあって、北西へ毎時45kmで進んでいます。

中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。

この台風は、28日21時には石廊崎の南南西約50kmに達し、29日9時には姫路市付近に達する見込みです。

30日9時には対馬市の西約50kmに達するでしょう。

その後、熱帯低気圧に変わり、31日9時には東シナ海に達する見込みです。

台風周辺海域および進路にあたる海域は大しけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。 (終わり)

場所にもよりますが、先日の豪雨は7月5日未明から5~6日続きました。 その時は小潮。明日7月29日(日)は大潮です。満潮時は、朝10:20、夜23:07。

皆さん、そう言いながらも、小潮と大潮の詳細な違いはご存知ありません。 私も、10年くらい前までは、全く知りませんでした。

広島へ台風が直撃し、すぐ近くの可愛川の水位が限界を超えて、あと、20㎝で堤防が決壊する処まで来たことがあります。でも、その時は小潮でした。

各地で潮の満干数値は違いますので、広島県に特定して書き出します。時期も、その台風直撃時9月9日の小潮と、9月17日の大潮の数値です。

9月9日、小潮の干潮時の潮位は184㎝、満潮時の潮位は293㎝。満干の高低差は109㎝

9月17日、大潮の干潮時の潮位は25㎝、満潮時の潮位は379㎝。満干の高低差は354㎝。

つまり、「小潮とは、干潮時の潮位は最も高く、満潮時の潮位は最も低く、満干の差が最も小さい頃」で、「大潮とは、干潮時の潮位は最も低く、満潮時の潮位は最も高く、満干の差が最も大きい頃」の事を言います。

計算すると、「大潮で満潮時379㎝-小潮で満潮時293㎝=86cm」

「大潮は小潮より86㎝高い」という事が判ります。

今回は、前回と同じ台風の直撃を受けますから、

大潮満潮時379㎝+気圧による水面上昇100㎝=最大潮位479㎝が想定されます。

この基準水位は、「CDL」という潮位表基準面で、広島県が想定する初期潮位との差は+385㎝ありますから、先ほどの最大潮位479㎝を引けば94㎝。

つまり、普段の満潮時より94㎝程水面が上がる

以前の、あと20㎝で堤防をオーバーする時に可愛川上流は、台風接近による前日からの豪雨で、相当に水かさを増していた。堤防が決壊するかどうかは、やはり、上流の雨量によるところが多いと思います。

明日午前中から風雨が強くなり、おそらく夜半まで続きます。街の防災無線放送やFMはつかいちのスイッチを入れておいて下さい。

満潮時は、朝10:20、夜23:07です。 危ないと思った時には遅いです。年配に方や体の不自由な方は、足元の明るいうち、風雨の激しくならないうちに、最寄りの指定避難場所に避難して下さい。

今回は台風ですから、「常備薬3日分、水500㎖、懐中電灯、電池式ラジオ、イヤホーン、千円札で現金3万円位、着替え一式、タオル」位で良いと思います。

風が時折強くなってきました。 今、中四国で被災されてお困りの方々を含めて、何事もありませんように。

 

明日の台風について” への1件のコメント

  1. お疲れ様です。エントリ更新ありがとうございます。少なくとも。広島で、廿日市で、現状では人的被害が出なかったことは良かったかと。「特別」警戒警報の意味を踏まえNHKでは避難「指示」と避難「勧告」を峻別してた点のみ評価します。議員も、くれぐれもご自愛くださいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です