共産党への被災者支援募金は、半分以上を党活動資金に流用

共産党への被災者支援募金は、半分以上を党活動資金に流用と、

https://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/adff449c3cca0694b691e3d3ca1ab294?fm=rss

東日本大震災救援募金等の活用について 2016年3月12日(土)

16年3月 日本共産党東日本大震災対策本部

東日本大震災・原発事故から5年、日本共産党は、国会議員・地方議員を先頭に国政・地方政治で被災者の願いの実現に力をつくすとともに、被災者救援のためのボランティア活動と「東日本大震災救援募金」(以下、「震災募金」)に継続してとりくんできました。

「震災募金」は、累計10億7091万円にのぼっています。

また、被災者救援の先頭にたつ日本共産党の活動を支える党独自の募金としてとりくんできた「被災地党活動支援募金」の累計は3億9045万円となっています。

全国からお寄せいただいたご支援・ご協力に心から感謝申し上げるとともに、これまでの活用内容についてお知らせします。

5年を経過した今なお、被災者の生活にはさまざまな困難がのしかかっています。

安倍政権の暴走政治は復興を妨げ、被災者の願いに逆行する事態となっています。

除染と賠償の打ち切りなど福島原発事故を「終わったもの」として、原発再稼働を推進する政府の態度は言語道断というべきです。

復興と被災者救援の活動は、今後とも長期にわたるとりくみになります。全国のみなさんのひきつづく物心両面のご支援・ご協力を心からお願いいたします。

「東日本大震災救援募金」  募金総額 10億7,091万円

活用内訳

被災地の自治体その他への義援金 5億9,357万円

支援物資の購入 2億0,052万円

 ボランティアなどによる救援活動費 2億2,958万円

資材・郵送料等の諸経費、その他 4,724万円

「被災地党活動支援募金」 募金総額 3億9,045万円

活用内訳

被災地の党機関事務所の復旧・補修費 7,189万円

 被災地の党組織再建・選挙などへの援助 1億1,287万円

 被災地の常任活動家などの生活援助 2億0,232万円

 諸経費、その他 337万円

【募金の送り先】

党中央委員会にお送りいただく場合は、下記にお願いします。

◆「震災募金」

郵便振替口座00170-9-140321 加入者名 日本共産党災害募金係

◆「被災地党活動支援募金」

郵便振替口座00170―7―98422 加入者名 日本共産党中央委員会

※通信欄に、住所、氏名、職業、および「震災募金」または「被災地党活動募金」と記入してください。

※いずれの場合も、送金手数料はご負担ねがいます。(終わり)

 

成程、「被災地党活動募金」とは、よく考えたもんだ。

大規模災害があるたびに、チャンスとばかりに共産党の活動資金を集めるなんざ、もはや鬼畜ですな。

今回の西日本豪雨災害でも、相変わらず「自衛隊帰れ!」とやりながら、横の方で共産党のチホウババーが、募金箱持って立っているのでしょう。

そんな暇があれば、スコップ持って災害ボランティアにでも参加しろと言いたいけど、体力も無い口ばっかりの後期高齢者達だから、熱中症で救急車なんか呼ばれたら、被災者の皆さんにご迷惑になるので、やっぱり、母国シナへとっとと帰れ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です