続き

>賛成している議員の山林開発にあたり、各々の目論見は違うと思うけど、開発に向かわせる要因は何なのでしょうね?

 賛成議員の目論見は、この度の選挙で現市長支持者達の票が欲しいからに過ぎません。 この中の古参議員の選挙パンフには、優先すべきは「市民ファースト」であると書いてありますが、それは「市長ファースト」の間違いではありませんか? と問いたいですね。

 議会は行政のチェック機関です。 議員が行政のトップである市長の太鼓持ちになって、市民の代弁が出来る訳がありません。

あくまでも、「議会と行政は両輪」であるという前提があるはずなのに、市長が市議会選挙でお気に入りポチ議員の応援に廻るようでは、まともな市政は望めないと思います。

 「米海軍空母艦載機部隊及び夜間離発着訓練施設の岩国基地移転に反対する意見書」については、いまさら何を言っているんだ? と言いたいですね。

シナの横暴で、尖閣諸島周辺は、毎日のようにシナの軍艦の監視と漁船の乱獲によって、日本の領海とは思えない状況になっている。

沖縄は歴史的にシナのものであると公言し、工作員を大量に送り込み、平和ボケした地方の自治労や日教組に金銭的支援をして、沖縄の米軍排除の先兵とし、沖縄侵略の手先につかっている。

南沙諸島などでは完全に侵略が終り、日本の85%以上の天然資源を運ぶタンカーの通り道を自国の領土とした。 これで、日本のエネルギー安全保障は風前の灯となっている。

 ロシアは、国家予算の60%以上を地下資源に頼っていたのに、LNG等の市場価値が下落し、国家財政が破綻しかけており、どう足掻いても日本の資金が無くては国家が成り立たないから、日本のアキレス腱である国防をつつくために、連日のスクランブルを繰り返す。

 北朝鮮は、中東などに武器を輸出し、外貨を稼ぐために、ボンボンと朝鮮のソウルに届く短距離ミサイルや、日本を覆う中距離ミサイル、サンフランシスコに到達する長距離ミサイルを発射し、精度を見せつける営業活動に勤しんでいる。

 こんな状況で、岩国基地移転に反対する? 平和ボケも良い加減にしろと言いたい。

いくら痴呆議員とはいえ、もとい、地方議員とはいえ、国家が置かれている状況ぐらい認識して頂きたい。

国家的なテロを一番最初に受けるのは、どの国であっても一地方なのだから、市民をいち早く救済する使命は、その地方自治体とその議会にあるんですよ。 それさえ分からないのか? 廿日市市議会は。

 

 

続き” への3件のコメント

  1. ここまで読ませてもらって、やっと少し話が見えて来ました。

    行政と立法の立ち位置の違いを、しっかりと理解している人は、案外少ないですよね。

    でも、それが議員さんであっても、有権者であっても問題です。「権力者(市長)の周りに群がる太鼓持ち(議員)」…まあ、良くある話と言ってしまえばその通りなんですが。

    ゆめタウン廿日市には、最近行ってみました。娘たちは大喜びでしたが、これもあくまでも車を運転出来るからのことです。

    それに、自分から「薬正道物語」を書いたわけですから、大規模店の影で儚く消え行く個人商店の悲哀を感じずにはいられません。いや、それ以上に、大規模店の過度の進出が、日本のサービス文化を破壊して行っている現状に、危機感を覚えています。

  2. まあ、いきなり文化論まで広げたのはやり過ぎかもしれませんね。

    兎に角、長いものにはただただ巻かれろと、安直に世間の空気に流されるままの人が多いのは嘆かわしいことです。

    一人でも多くの人が、その辺のアヤについて気付いてくれたらいいですね。

    実は私事ですが、私も現職場に蔓延する空気と、その流れに無批判に流される連中の多さにあきれ果てて、自分から所属を変わることにしました。

    詳しくは、また後で話しますが、その心の半分は、寝るケーノさんの思いと同質のものがあったと思います。

    ということで、改めてまして、エールを送らせて頂きます。

  3. こなです、ご無沙汰しております。

    「権力者(市長)の周りに群がる太鼓持ち(議員たち)」

    というのは、世の常と言ってしまえばその通りだと思いますが、確かにさえない話でもありますね。

    一つの市議会とはいえ、寝るケーノさんが言われるように、市長と議会の間には行政府と立法府の立ち位置の違いがありますよね。そういうことにどれだけ多くの人が気付いているかが、まぁ、一つのポイントだと思います。

    が、それより前に、「周りの空気に流される」ことの怖さ、危険性、ひいては「悪」に鈍感な人が多い。

    今回の選挙が、寝るケーノさんのみならず、廿日市市民のみなさんにとってもいい結果につながることを、心よりお祈りしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です