今朝の産経一面で、「強制連行」河野氏の独断・・・ やっぱり、馬鹿が政治に関わってはいけない。

他のブログで、この件のマトメがあったので、それに少し付け加えると・・

  • 慰安婦の聞き取り調査の裏付けが全くない事実が、改めて証明されたこと
  • その聞き取り調査は、儀式的な意味合いが強いという客観的事実
  • 河野談話の案文は、その自称慰安婦の聞き取り調査が終わる前にできていたこと
  • 談話文の一言一句を日本と南鮮両政府が仔細にすり合わせていた事実が、改めて証明されたこと
  • そのすり合わせは官僚レベルに留まらず、日本は宮澤総理、南鮮は金泳三に最終了解を取っていたこと
  • 日本側は、南鮮の「強制性」を示唆する表現を拒否し、最終的に談話にある表現に留まったこと
  • 談話の発表時、「軍による強制連行は確認できない」で、終わるはずだった処が、江の傭兵のアホが、調子に乗って「強制連行の事実があった」と言ってしまったこと

これは、国会での証人喚問でしょ? ついでに、韓国売春婦を弁護士として韓国へ探しに行った仙石と瑞穂にも諮問したら? ・・・ 慰安婦騒ぎで、かなり弁護料儲かったでしょ? って。

” への1件のコメント

  1. http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2014/06/22/0400000000AJP20140622000700882.HTML
    安倍政権が慰安婦問題に関する「河野談話」の検証結果を公表したことを受け、韓国政府はさまざまなルートで日本への圧力を本格化する。韓国は事実上、河野談話の意味を傷つけたとみなし、国内外で措置を取り、日本の姿勢変化を促すとみられる。

     韓国外交部は22日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の外遊に同行して帰国した尹炳世(ユン・ビョンセ)長官の主宰で会議を行い、一両日中に措置を発表する。現在、日本が発表した検証結果を詳しく検討している。 

     韓国政府の措置は、まず旧日本軍の強制連行などを裏付ける史料提示になるとみられる。日本が検証報告書で強制連行の証拠がないと再び主張しただけに、これに対する反論を提示する必要があるためだ。

     韓国政府は15日、日本が河野談話を傷つける場合は国内外の権威ある資料を積極的に提示すると予告している。旧日本軍の慰安婦関連資料の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産登録に向け、12年に3万1700件、昨年に1万4000件の資料を重点的に調査している。

     また、2国間協議および多国間協議を通じ、日本に慰安婦問題の解決を迫ると予想される。日本が河野談話を継承していくとの立場を示しただけに、これに相応する行動を求める狙いだ。

     政府は早ければ、23日に別所浩郎駐韓日本大使を呼び、遺憾を表明した上で慰安婦問題解決に向けた日本の誠意ある措置を求めるとみられる。

     そのほか、米国や国際社会を通じ、日本の責任を追及すると見込まれる。

    わくわくですね。どうするのでしょうか?裏付け証拠は強制性については韓国は一言も言わなくなりましたね。(国内報道ではいくつか強制性について証拠があったと報道していますが)

    ますます世界から孤立するのか韓国。

    29日 山際さんの講演でもこのあたりについてあるかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です