これは、広島在住の「桜の花びら」さんのブログです。

http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/32726364.html

img_06

広島大学大学院総合科学研究科准教授の崔真碩—————

講義で「日本の蛮行」訴える韓国映画上映 広島大准教授の一方的「性奴隷」主張に学生から批判

「いつから日本の大学は韓国の政治的主張の発信基地に成り下がってしまったのか」広島大学で韓国籍の男性准教授の講義を受けた男子学生(19)は、ため息交じりに語った。

一般教養科目の「演劇と映画」と題された講義。4月28日、約200人の学生がスクリーンに投影された映像を見せられていた。「日本刀で焼きごてをあてられた」「日本人が『朝鮮女性を強制連行したことはない』というから腹が立ってたまらないのよ」インタビューを受ける高齢女性は何度も「日本の蛮行」を訴える。韓国映画「終わらない戦争」。元「慰安婦」の証言をもとに構成された60分のドキュメンタリー映画だ。
「突然、2人の日本軍人が私を小さな部屋に押し込んだ。私が声を上げると、刀を抜いて鼻を刺した」

衝撃的な“証言”が次々と登場する。学生はじっと映画を観賞するしかなかった。

上映が終わると、「今日の授業は以上です」と告げ、すぐに講義を切り上げた。「強制連行」の証言だけを示し、学生には議論の余地も与えなかった。

講義を受けた学生らは「日本だけがものすごい悪いように映った」「映像内容がその通りだと素直に思ってしまった」と漏らしていたという。男子学生は国立大学の授業として、慰安婦募集の強制性があたかも「真実」として伝えられたことに疑問を呈し、「何の説明もなしに、あの映画を流すのは乱暴だ」と指摘する。

広島大学は「現在、事実関係を確認している。事実がはっきりしない段階ではコメントできない」としている。准教授の講義の狙いはどこにあったのか。「学生に議論の余地を与えなかったのではなく、講義の時間が足りなかった」取材に対し、准教授は釈明する一方でこう続けた。「従軍慰安婦、性奴隷はあった。事実だ。私は優れたドキュメンタリー映画の例として、終わらない戦争』を学生に見てもらった」(2014.5.21 産経新聞抜粋)

img_16

今年の1月、立命館大学コリア研究センターの研究員の金友子が出席カードを書かせると同時に朝鮮学校無償化の嘆願書を書かせていました。

そして上の記事です。こういう教育を「反日洗脳教育」と言うのです。あの反日国はそういうことをやる民族です。そして日本人に自分たちの嘘を押し付ける民族です。こういうバカ民族から優秀な日本人が一体何を学ぶのか。

この広島大学大学院総合科学研究科准教授は崔真碩という。日本の大学には外国人教授がたくさんいますが、反日国の教授を採用していることがそもそもの間違いなのです。シナ人や朝鮮人は日本だけを徹底的に悪者だという反日教育をされた人間です。日本人学生に教えるにふさわしいわけがありません。

他国の歴史や文化を学ぶというきれい事でこういう反日人間が入り込んでいるのが実態です。日本の学生に必要なのは他国の文化や歴史よりも正しい日本の歴史や文化を知ること学ぶことです。それは日本人が教えればいいのです。それとともに反日国の実態をきちんと教えるべきです。

「従軍慰安婦、性奴隷はあった。事実だ」と間違った主張するこういう朝鮮人教授はクビにすべきです。日本からも出て行ってほしい。トラブルになるだけですから。

国歌君が代を歌わない・起立しない左翼教職員とともに日本には必要ない人間です。(終わり)

* 非常に書きにくい処ですが、あえて出します。 広大の内情は、かなり良くなったと聞いていたのですが・・・

 

 

 

これは、広島在住の「桜の花びら」さんのブログです。” への3件のコメント

  1. >非常に書きにくい処ですが、あえて出します。 広大の内情は、かなり良くなったと聞いていたのですが・・・

    >そして日本人に自分たちの嘘を押し付ける民族です。こういうバカ民族から優秀な日本人が一体何を学ぶのか

    んんんー 私立大学で、まだ日本人教授による嘘押しつけの反日思想教育に比べれば、まだ納得かな?
    もう、そういう民族として、考えていくしかないですもん。

    赤い・暗い・堅いといわれる立命館で、今後入学する学生たちが、本当にこうした教授の授業を反面として世界に羽ばたいてもらえればいいのではないでしょうか?

    こなさんが何度も記述されているように、若者はかわりつつあると思います。

    一部反日思想にしか自分の居場所が見いだせない、またはそういうところでしか利益が得られない、存在感が示せない完全唯物史観者が、慌てふためいているぞ、と考えてみましょう。

    なんとむなしい彼らではないですかな?

    ※ただし、マスコミや政治家が、完全唯物史観ではまずいのですけどね。

  2. >* 非常に書きにくい処ですが、あえて出します。 広大の内情は、かなり良くなったと聞いていたのですが・・・

    実を言うと,「これでもかなり良くなった」のですね.

    こながウン十年前,広島大学の学生だった時にも,似たような授業を受けましたよ.でも,今と違って,学生が,反論するなどという余地は,全くありませんでした.

    学生から反論が生じる余地がある,という次元で見ると,確かに,劇的に改善していると思いますよ.

    こなも大いに信じたのです.生協に平積みされていた,「沖縄戦の真実を暴く」だとか,「原発の土壌試験改ざんを暴く」などといった本を読みあさり,「ああ日本はなんて酷い国なんだ」と,健気に信じておりました.

    それが,卒業後すぐに海外青年協力隊員となって,日本を飛び出した一つの要因です.自分なりに,

    「こんなクソ日本など,捨ててやる!」

    という意識は,確かにあったのですね.もちろん,海外を見ることで,そういう気持ちは,気付かぬうちに,どこかへ吹っ飛んでいっちゃったのですが.

    自分が入管からいかにマークされているかを嬉々として語っていた非常勤講師が一人,流石にやり過ぎたのか,私が授業を受けた半年後辺りに,逮捕,免職になりましたよ.

    その先生の,毎週続く同じ話題の決めぜりふが,今でも忘れられませんね.

    「広大の先生の中に,『中国人は犬以下だ』という手紙を留学生に送りつけた人がいる」
    「入管は,中国人留学生に,規定時間以上のバイトをしているという濡れ衣を着せて,いたいけない,真面目な中国からの女子留学生を迫害している」

    まあ,皆さんの予想通り,その教授の手紙とやらも,その女子留学生の所属や名前,顛末なども,一向に明らかにされることはありませんでした.

    「アカのプロパガンダ」が,授業の名を借りて,堂々と行われていたのですね.

    おそらく,今日のややこしさは,この手の特亜系外国人教授の増加でしょう.ただし,この傾向を否定することは難しいです.大学の教職は,そもそもからして,グローバルな世界なのです.平たく言うと,多くの優秀な日本人もまた,海外で教職の座を得ています.

    やはり,広大に残されている日本人スタッフが,その辺をしっかりと見据えて,「学問としてしっかりと反論」しなければなりません.

    しかし・・・,そうであるべきスタッフが,「平和学」,「「ヒロシマ学」ですから・・・.

    やっぱりまだまだ,内情は酷いのかも知れません.

  3. 続報です・・・

    この記事の教授の配布したレジメがリークしています.

    しかし,ひどい・・・.自分の思いつきを書きたいように書き殴って,それで学問だとか,真実だとか・・・,もう完全に逝っていますね,この先生.

    http://hosyusokuhou.jp/archives/38312760.html
    ーーーーーーー以下引用

    【広島大学・準教授】在日韓国人の崔真碩(チエ・ジンソク)の授業レジメを入手!「植民地支配がもたらした朝鮮農村家庭の貧窮化。絶対貧困。不就学。女性差別。民族差別」
    2014年05月26日11:05 | カテゴリ:在日朝鮮韓国人
    jpg large

    崔真碩(チエ・ジンソク)は資料の中でたいへんおかしな「矛盾したこと」を書いています。お気づきになりましたか?  
    「★従軍慰安婦の総数 8~(20万人)とするのが定説。そのうち朝鮮人女性は6万5千人。」

    私も結構、「朝鮮人売春婦」の資料を数多く見てきましたが、「朝鮮人女性は6万5千人」という数字は初めて見ました。これって、誰の調査で、出典はどこで、根拠は何なんでしょうか? 

    ところがすぐ後ろには「正確な総数はわからない」と崔は書いています。これで「東大院卒」の肩書きは恥ずかしすぎる!ww
    挙句の果てには「名乗り出ることができない」「語ることができない」のが「総数を明らかにできない理由」と書いていますが・・・これでは「学問」とは呼べません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です