日本も覚悟が必要

>とにかく、中共の脅威は、もはや、昔のような幼稚なものではないということが言いたいわけです。そして相対的に、日本の力が落ちていることも事実です

これは、京大の藤井教授も書いておられましたが、高速鉄道だけ見ても、JR東日本のバカ社長のせいで、新幹線製造技術を全部盗まれ、2009年には、あっという間に敷設延長まで追い抜かれました。 シナは2010年の高速鉄道延長は8358km。日本は今でも3408kmから1mも延伸していません。2018年のシナは、既に29000kmを超え、今でも延伸ています。

勿論、共産党独裁国家で、国民に土地の所有権が無いので、土地の強制収容は簡単です。また、その敷設の最重要目的が、軍隊の移動なのですから、とても日本では真似ができない。 チベットなどの辺境にも、かなり敷設していますから、採算性は完全に度外視しています。2018年9月時点の高速鉄道の負債は、86兆円と言われていますから、独裁国家の強みとしか言えませんね。 本当に情けないですが、未だに桜やIRで騒いでいる国会レベルでは、国益を論じる事さえ出来ません。

>中共が、ではなぜに世界経済界から信頼や尊敬されないのでしょうか?

小市民さんが言われるように、シナが経済制覇の一環として行っている「一帯一路」は、目論見が世界中に露見して、相当な国で頓挫しています。 しかし、5Gの展開の速さや、デジタル人民元の取組みで、欧米が慌てふためいている事も事実だと思います。

5Gは勿論、デジタル人民元は、世界の基軸通貨であるドルに対抗できる手段としては、非常に驚異的で素晴らしいものですから。 論説の中には、「デジタル人民元を潰すために、アメリカがコロナウイルスを仕掛けた」というものもあるくらいです。

>山根 感染拡大はいつまで続きますか?  根路銘 テレビで4月、5月にさらに感染が広がるおそれがあると発言している人がいて唖然としました。コロナウイルスは気温が上がると生きていけないんです。もともと冬の寒い季節に活発になる風邪のウイルスなので、2月末から3月に入れば自然に終息すると私は見ています。

これは正しくありませんね。 先日書いた2009年に爆発的に流行したインフルエンザは、季節性のモノではなく、日本国内でも5月神戸で発症事例が確認され、6月には終息するかと思われましたが、7月にはジワジワと増え続け、8月には日本で初めての死者が出ています。

TVでも、この新型コロナウイルスと、インフルエンザを混同している方が多いのは仕方ない処ですが、未だ正体が判らないものですから、油断してはいけません。 原因究明も大事ですが、素人の遺伝学的な見地で言えば、この病気を完治した人々の血液を採取して抗体を作った方が、解決が早いように思うのです。皆さん、如何でしょうか?

各国から、勝手な批判が多いクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の件をもう少し言わせて頂くと。 この船を建造したのは日本ですが、船籍はイギリスで、経営者はアメリカですから、日本を攻めるのはお門違いです。

このクルーズ船の日本語説明の中で、「当社の責任はクルーズ運航および当社のスタッフによるサービスのみについて負うものであり、乗船までの交通機関、寄港地での観光、観光業者、レストラン、医療業者などとの間に起こった損害、紛失、事故については、その一切が責任の対象外となります」となっていますから、コロナウイルスの感染は自己責任という事ですよね。

日本も覚悟が必要” への4件のコメント

  1. ダイヤモンドプリンセス号について記事がありましたので下記に引用します。
    「ダイアモンド・プリンセスの感染者は、なぜ、こんなに多いのか?」については,画像なので文字起こしをしています。変換にミスがあるかも知れません。あしからずご了承ください。

    https://ameblo.jp/bonbori098/entry-12575942844.html

    --略---

    人民解放軍は1月2日に武漢肺炎が武漢病毒研究所から漏れ出たウィルスであることを知っていた。
    しかしそれを武漢人民に知らせずに感染を拡大させ、取り返しのつかない状況にしてしまった。

    石平氏は「武漢肺炎は海鮮市場から出たものではない」と断言している。
    まさに生物兵器である。

    これに対するシナ政府の対応は、武漢の一軒一軒を強制的に中に入って来て、全員の熱を測って、熱が少しでもあると強制連行して、その後は帰ってこないという。
    まさに生き地獄の武漢であるが、これがシナの実態である。

    そしてダイヤモンドプリンセス号である。

    -----(以下,文字起こし)
    ダイアモンド・プリンセスの感染者は、なぜ、こんなに多いのか?
    DP号の「乗員」がいくらなんでも多すぎないか?
    答え解りました。中国の友人と話していて、二つの疑問が氷解しました。

    >ダイアモンド・プリンセスの感染者は、なぜ、こんなに多いのか?
    武漢・湖北省の政府幹部は、職務上、武漢が閉鎖されると知って、封鎖前に家族を香港に逃がした。香港から、第三国に逃げるのに、彼らは金で手に入れた香港パスポート(一応、合法)を使って、DP号に香港人乗客として乗り込んだ。また、武漢周辺の金持ちも、事前の情報を得て、DP号で香港を脱出した。 DP乗客の3分の1が香港人といわれるが、実は、武漢人・湖北人。だから、感染者が異常に多い。

    >DP号の「乗員」がいくらなんでも多すぎないか?
    武漢の政府幹部の家族や大金持ちがDP号の乗船券を競って買ってしまい、足りなくなった。そこで、DP号を所有する企業は乗組員として乗船する権利を高く売りつけた。大金が乱れ飛んで、1000人を超える乗組員を偽装した武漢人が乗り込んだ。当然、COVID-19の感染率は高い。「乗員」を偽装した武漢人に感染者がいるのは当たり前。

  2. 下記は産経ニュースからの引用です。

    この「ある政府関係者」というのがどのような立場なのかわかりませんが(国会議員?),今回の新型ウィルスを政争の道具にしか考えないようでは国民が可哀想です。菅直人とぜんぜんかわらん価値観です。

    https://special.sankei.com/a/politics/article/20200219/0001.html

    ---略---
    「神風が吹いた。首相は本当に強運だ」
     2月初め、ある政府関係者はこうつぶやいた。
    ---略---

  3. 少しは良い情報も欲しいところです。
    富山県で開発されたインフルエンザ特効薬があります。これは一般に使われる特効薬と働き方が違うので今回のような場合に取っておく様な話を聞いたことがあります。エボラ出血熱にも効果がある様な話がありました。

    今回の新型ウィルスにも有効なようです。
    (下記に引用します)
    実際に効果があるなら,直ちに使用を許可して欲しいです。

    https://ameblo.jp/bonbori098/entry-12576372766.html
    シナ政府が武漢肺炎の薬を生産し始めた ← これは日本で開発した薬だった!
    ————————-
    中国政府 新型コロナ対策 既存薬の成分で製薬

    中国政府は新型コロナウイルス対策として、富士フイルム富山化学のインフルエンザ治療薬「アビガン」に含まれる有効成分を使った薬の生産を始めました。
    中国政府の発表によりますと新型コロナウイルス対策として既存の薬を役立てようと臨床試験を行った結果「ファビピラビル」という成分が副作用が少なく効果が高いことがわかり、16日から薬の生産を始めました。
    「ファビピラビル」は2014年、富士フイルム富山化学の前身で富山市に研究生産拠点を置いていた富山化学工業と当時、富山大学医学部に勤務していた白木公康教授が共同研究して開発した薬「アビガン」に含まれています。
    (令和2年2月17日 FNN)
    https://www.fnn.jp/posts/2020021700000007BBT?fbclid=IwAR3jjvsH4i9K4tDsHxiD6_rRqY6-7kkIUTVguGKAclUEXSluzUrb31WhAnw
    ————————-

    ---以下,略---

  4. その後,話が進まないのかと思いましたが,徐々に動き始めています ↓
    https://www.fnn.jp/posts?tag=%E3%82%A2%E3%83%93%E3%82%AC%E3%83%B3

    現状では,既に日本中に新型ウィルスが存在していることを前提に行動しなくてはなりません。お国は初動を誤り「積極的に引き込んだ」形の中で,今になっていろいろな警告を発しています。正にマッチポンプです。

    この新薬が新型肺炎ウィルスの特効薬として有効なことを祈るしかありません。200万人分の備蓄があるそうですが,使いきるまえに終息して欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です