また、行ってきます

今日は、これから宮島競艇議会の公務で、鳴門市まで行ってきます。あちらで総会がありますので、一泊で明日遅くに帰ります。

野党は、ギャンブル依存症が問題だから「カジノ法案」反対などと言っておりますが、前に書いた通り、日本は世界一のギャンブル大国です。

その大きな要因は、パチンコ・パチスロ。世界中のカジノの年間売上げを全て集計しても約18兆円。日本国内のパチンコ・パチスロの年間売上は23兆円。

しかも、パチンコ議連というギャンブルに巣食う国会議員の大半が野党議員。お前ら、パチンコ業界から毎年多額の献金を貰った上、ギャンブル依存症対策などとよく言うよ。

依存症が本当に心配なら、パチンコを如何に廃止できるかを考えてみろ。どうせ出来んだろうがね。

ちなみに、競艇の全国収益は1兆円前後です。競艇は、他の公営ギャンブルの中では最も勝率が良く、依存症対策にも早くから取り組んでいます。

私は、競艇の存続には最初は反対でしたが、今の地方自治体の財政を考えると、年間2憶円程の収益は、大変有難いものと考えを変えました。(年2億円の税収は、大手住建産業レベルの約2件分です)

それでは、行ってきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です