皆様、如何お過ごしでしょうか?

ご心配をお掛けしましたが、昨日のお祭りは大過なく終了させて頂きました。

ただ、今年と来年は、打上げ等でいつも利用させて頂く中央公民館が、建て替えの為使えないので、一集会所にすし詰め状態で行い、参加者に、少し申し訳なかったなと思っています。

流石に神事だけあって、全て完了(打上げ)するまで、風雨ともほとんど無く、全員無事に帰宅できました。 若い連中も、「やっぱり、神様の行事って凄いっすね~ 台風停めちゃうんだから」と言ってました。

毎年、二百人を超える人が、1つの意志を持って粛々と行うお祭りです。 今年も小さな奇蹟が起こったようですね。

さて、今は四国南方を進行中の台風。 広島県は今がピークくらいですね。 進路の右側ですから、今回も風は大したことないようです。  でも、大型ですから吹き戻しにも注意が必要です。 皆さん、引き続き警戒をしてください。

さて、話は変わります、広島県が誇る「マツダ」のデミオが、やってくれました。

>10月13日、都内で日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)2014-2015の最終選考会・開票式が行われ、マツダ『デミオ』が今年最も優秀なクルマに選ばれた。

カープは残念でしたが、来年も超都会に負けず、地方が国を沸かせるぞ~

さて、今日は

地元の氏神様である廿日市天満宮の秋祭りです。

由来は、鎌倉時代に遡ります。 平清盛が築造した宮島の本殿回廊が、1220年代の二度の大火で焼け落ちました。

その修復の為、幕府から遣わされたのが藤原親実。 彼は、宮島対岸の廿日市に住居を構え、頂きに桜尾城を築城。 自身の守り神である鎌倉の絵柄天神の分け御霊を廿日市に運び、至近の高台、笹尾城に天満宮を建てました。

それまでは、廿日市を二分する形で、西は新宮神社、東は八幡神社があったのですが、天満宮はそれを統合して、廿日市唯一の神社としました。

そして、年に一度、天満宮に祭られている新宮さんと八幡さんの御霊の里帰りを兼ね、天神さんと共に、半日をかけて荘厳な行列をしたてて、御旅所巡りをする「神輿渡御式」が、今日あるのです。

今の大名行列の形は、当然、江戸時代以降だと思いますが、廿日市市は、時代と共に変遷していく祭りを、昔からの形ではないとして、無形文化財に指定してくれません。

多くは語りませんが、時代が変わりゆく中、地域の年寄と若者が一体となって守り続けている地域の祭りを、政教分離だとか一宗教行事だとか言って行政が無視し、廃れれば、地域力が無いとけなす。

300年も続いている廿日市二百二十日豊年祭を、管理運営が大変だからと言い、二日開催を簡単に一日にしてしまう愚鈍さにも、心底呆れています。

 

まあ、愚痴はここまでにして、そろそろ行きます。 夕刻の祭り終了まで、風雨がありませんように。 皆さんも祈って下さい。 例年の意如く、夕方5時半くらいから、いよいよクライマックスがありま~す。

 

 

 

流石、売国政治家二階君だね。

>朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に…誰と会っていた?

『産経新聞』 2014年8月3日     http://ironna.jp/article/429

>大統領をめぐるうわさ」は世間の人は皆知っているが、大統領本人は知らないに違いない。7日の青瓦台(大統領府)秘書室の国会運営委員会での業務報告がきっかけだった。客船沈没事故が発生した日、朴槿恵(パク・クネ)大統領が書面で初めて報告を受けてから中央災難安全対策本部に出向くまでの7時間、対面での報告も大統領主宰の会議もなかったことが判明したからだ。

産経前支局長在宅起訴:朝鮮日報コラム(要旨) 毎日新聞 10月8日(水)23時53分配信

 

>「大人の対応ができるように努力を」自民・二階総務会長

2014.10.9 16:15、産経新聞 http://www.sankei.com/politics/news/141009/plt1410090044-n1.html

自民党の二階俊博総務会長は9日、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長による朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領に関するコラムをめぐり、ソウル中央地検が情報通信網法の名誉毀損で在宅起訴したことについて「いきなりこれが日韓問題に波及するというのは飛躍だ。

法的に考えることが大事だ。

 大人の対応ができるように、関係者でご努力いただきたい。

我々から新聞社の判断や韓国の司法がどうだとか、言うべきことではない」と述べた。

(終わり)

色々な思惑があったのでしょうが、根回しが上手いだけの しょうもない昭和の売国政治家を中枢に入れたのか・・・

法的に考えたら、完全に韓国の違法行為だろ?

それとも、成文化できない「国民情緒法」という、憲法より優位で絶対的な法が、韓国にはあるという事なんでしょうか? それなら、民主主義とはかけ離れた国家であるという証明となる。

その大人の対応とやらで、過去どれほど日本の国益を損ねたか?

二階自身、パーフェクトな売国奴だから、当たり前の良い仕事を、継続しようと頑張っているだけなんでしょうな。

新聞社の判断や韓国の司法がどうだとか、言うべきことではない って、先に韓国の新聞マスゴミが、クネクネの空白の7時間を騒ぎまくったのに、それをネタにした産経新聞支局長を在宅起訴する司法。  韓国は、三権分立もできない、北朝鮮やシナと同じ独裁国?

韓国の場合、どういう独裁なんだろう?  政治を「反日」という情緒的な一色で染め上げた「反日独裁思想」なんですかね。

 

 

今日は、沖縄県知事選の近況を

>沖縄県知事選挙の裏に潜む琉球独立工作(1)概要編

今年11月に投開票が行われる沖縄県知事選挙は、マスコミ報道により辺野古移設の賛否が最大の争点となっています。

しかし、それは目眩ましの可能性が大きいと見ています。

何故なら、異例づくめでの擁立、出馬、公約が次々と起きているからです。

4年前の仲井眞知事VS伊波洋一の構図とは大きく異なっています。

マスコミが一切報道しませんが、今回の沖縄県知事選挙では4点の異常事態が起きています。

以下に列挙します。

 

<2014年沖縄県知事選挙で起きている異常事態>

(1)共産、社民、社大のが統一候補を自分たちの政党から擁立せずに元自民党の翁長雄志那覇市長を擁立した。

(2)翁長雄志を擁立した革新政党の一つの社会大衆党の委員長である糸数慶子議員が国連の委員会に参加し、「琉球人民は少数民族(先住民)で日本政府から差別を受けている」と訴えた。

(3)前衆議院議員の下地幹郎氏までが「沖縄独立を問う県民投票」を公約に掲げた。

(4)1年以内の琉球独立と米軍基地の撤去、中国・台湾・韓国軍の沖縄駐留を公約に掲げる候補が出馬表明をした。

本来なら以上4点が沖縄県知事選挙の報道について紙面を賑わさなければならない重大ニュースです。

前掲の資料「沖縄県知事選挙の構図」のとおり、現在5名の候補が沖縄県知事選挙に出馬表明しています。

その中で辺野古移設を推進と表明しているのは、仲井真知事だけであり、翁長雄志は「移設反対」、下地幹郎は「県民投票」、喜納昌吉は「移設撤回」、大城浩詩は「米軍基地撤去」です。

これだけ見ても仲井真知事とその他で対立している事がわかります。

実は、移設反対派が分裂しているのです。

マスコミは県民、国民の目を辺野古移設の賛否に集めるような報道をしています。

しかし、実はこれまで争点になることのなかったテーマで対立構図が出来上がっています。それは沖縄は日本に帰属するか、それとも独立かという対立構図です。

仲井真知事は、安倍政権を強く信頼しており日本政府と一体となって沖縄を発展させるビジョンを持っています。

ところが、その他の候補は日本政府を敵としてとらえているのです。

翁長雄志は、いつも口癖のように、「オール沖縄」とか「保革のイデオロギーの対立をやめて沖縄県民のアイデンティーで日本政府と対向するべき」と言っています。

琉球独立という言葉は使いませんが、沖縄県民を束ねて反日闘争の体制を作りつづけてきた政治家なのです。

その政治家を革新政党が担ぎ、その中の一つの政党の委員長である糸数慶子議員が国連で、琉球独立を訴えるような行動をしたのです。

更に、下地幹郎は沖縄独立の県民投票まで公約に掲げ、喜納昌吉はもともと沖縄の自己決定権を訴えていて独立志向の持ち主です。

最後に、大城浩詩は琉球独立を訴えている政党「かりゆしクラブ」と共闘して3月23日に国際通りで琉球独立パレードを開催し、その直後に沖縄県知事選挙に出馬し、「1年以内の琉球独立」と「中国・韓国・台湾軍の沖縄駐留」を公約に掲げたのです。

このような琉球独立の公約は、ほとんどの沖縄県民は相手にしませんが、実情をしらない県外や海外の方が聞いたらほとんどが信じてしまいます。

つまり、沖縄県民の目を辺野古に釘付けにしながら、国連までをも巻き込んだ琉球独立の工作が進められているということなのです。

以上、概要について述べてみました。

以下、参考動画を掲載親します。 (沖縄対策本部 仲村覚)

 

<動画:【翁長雄志】NO OSPREY 東京集会 (2013/01/30) >ttp://youtu.be/mcjK8OQPafs

 

<動画:【翁長雄志】知事選挙出馬記者質問 No.1(2013/09/13)ttp://youtu.be/va969DlmGGc

 

<動画:【翁長雄志】知事選挙出馬記者質問 No.2(2013/09/13)>http://youtu.be/va969DlmGGc

 

<動画:【糸数慶子】人種差別撤廃委員会 日本審査と「総括所見」(2014/09/02)>http://youtu.be/ACTHPCASArY

 

<動画:国連の先住民族国際会議に参加し、先住民代表としてスピーチをする糸数慶子参議院議員>http://goo.gl/Q4po9B

 

<動画:【下地幹郎】沖縄独立県民投票の公約(2014年7月31日)自治会館 >ttp://youtu.be/bZoOhFhUJhY

 

<動画:【喜納昌吉】知事選挙出馬記者質問 (2013/09/24)>http://youtu.be/Bt_l9dsbEsg

 

<動画:【大城浩詩】第一回 平和のための琉球自立独立パレード(2014/3/21 >http://youtu.be/03zUWfWyNqE

 

<動画:【大城浩詩】沖縄県知事選挙出馬記者会見(2014/4/30) >http://youtu.be/ku3cduvyGMQ

以上

先日、東京へ行った間

面白い経験をしました。

今回宿泊した茅場町のビジネスホテルに、夕方チェックインすると、エレベーターの横に新聞棚があり、山積の朝日新聞・・・・「今朝の朝刊です。ご自由にお取りください」との貼り紙。

ある議員との夕食の為に、タクシーで1メーターのシティホテルへ行くと、やはり、カウンター近くへ山積の朝日新聞があり、「ご自由にお取りください」。 しかも、他の新聞は別棚で有料。

翌朝、ホテル一階にあるレストランに食事に行くと、レストラン入口に朝日新聞の山。 しかし、食事している人を見ると、携帯を触っても朝日新聞を見る人は居ない。

朝食が終わり、ホテルのカウンター嬢に、「何故、朝日新聞だけ無料なんですか?」と聞くと、「良く分かりませんが、無料でも手に取る人はほとんどいらっしゃいません。毎日、配達の方がそのまま引き取りに来られるのですが、もったいないですよね。」とのこと。

チェックアウトして、近くのメトロ入口から階段を降り、プラットホームの販売店を見ると、丸めた新聞受けには日経が断トツトップの高さ。 朝日を探すと・・・あるにはあったが、なんと一番山が低い。                                                        (ちなみに、産経は朝日の倍くらいの高さ: 大した量じゃないですけど、チョット勝ったかな ^^;;)

販売のおネエさんに、「どの新聞が、一番出るの?」と聞くと、「一番、巻が高い日経ですよ。朝日は最近出ないですよね。」と、何も聞かないのに言われる。

これが、例の慰安婦騒ぎの実態だなと思いつつ、朝日新聞の凋落を実感しました。

 

>なんでそんな国とも言えないような連中が,国連の常任理事国をやっているのか.そのこと自体,ブラックジョークじゃないですか.

こなさん、台湾はいかがでしたか?

あのいい加減なアメリカが、蒋介石の支援を中途で止めたものだから、日本軍から分捕った武器で毛沢東が巻き返し、蒋介石は終戦直後の戦勝国連合からも追い出されて、台湾に逃げ込んだんですよね。

だから、シナの椅子の裏には、未だに「中華民国」と書いてある。

当時、国として認められていたのは、孫文主導の「中華民国」で、「中華人民共和国」なんて、影も形も無い時代ですから、日本軍の姿を見ては逃げ回っていた毛沢東が、「我が国は戦勝国!」と言う事自体、恥を知れと言いたい処です。

国内の赤化も知らずに、共産党支配のソ連ではなく、民主主義の日本を敵国と定め、戦後処理ヤルタ会談とやらでハシャギまくり、ついには、アジアの一大拠点となるはずだったシナ全土を共産党支配の国にさせてしまったアメリカの馬鹿さ加減。

本当に、国連常任理事国の奴らって、70年前の誤った戦勝国連合をそのまま引きずっている愚か者連合だと思います。

「人間として、普通に生きている日本人の姿」が、脅威に映る世界のほうが、おかしいのですが。

考えも体も柔軟な世界の若者たちに、地球の未来を託すために、こなさん、頑張って!

朗報

 

>来年、平成27年7月8日より、通名制度は実質無効化されることになりそうです。

  これは、今までの外国人登録証と違ってカードの携帯の義務はないが、永住者カードには通名は記載されず本名のみとなるため。

よって、本名から通名への証明はできるものの、通名からの本人確認は不可能になります。

銀行口座の名寄せ、これまでの資格証明書の無効化の恐れもある、という大改革です。

2009年改正法成立、2012年から周知期間3年を経ても未だに約6割強の在日が切り替えをしていません。

今回の法改正は外国人登録業務の簡便化、資産、金融関係の一本化、住民サービスの一元化などがあげられていますが、そのどれもが在日にとってプラスがないからなのです。

かなり以前の情報なので、現在どのような状況か確認しているわけではないのですが、在日特例の概要こんなものでしょう。

入管特例 ...韓国朝鮮人のみが特別永住許可を取得できる

地方税 ...固定資産税の減免

特別区 ...民税・都民税の非課税・軽自動車税の減免

年 金 ...国民年金保険料の免除・心身障害者扶養年金掛金の減免

水 道 ...基本料金の免除

下水道 ...基本料金の免除・水洗便所設備助成金の交付

放 送 ...放送受信料の免除

交 通 ...都営交通無料乗車券の交付・JR通勤定期券の割引

清 掃 ...ごみ容器の無料貸与・廃棄物処理手数料の免除

衛 生 ...保健所使用料・手数料の滅免

教 育 ...都立高等学校・高等専門学校の授業料の免除

生活保護 ...家族の人数 × 4万円 + 家賃5万円 、ほぼ無条件

通 名 .. 公的証明書の使用。 (会社登記、免許証、健康保険証、銀行口座開設)

今回の法改正で直接の影響があるのは、生活保護と通名使用です。

 

ある在日韓国人を設定し、実生活への影響を想定 ↓

*プロフィール: 在日韓国人 氏名朴一、通名(田中某、青木某、金田某)特別永住許可者で、生活保護を受給中という設定です。

朴さんが2015年7月8日までに永住者カードに切り換えた場合、現住所住民基本台帳に(朴一、金田某)と登録されますが、永住者カードには朴一だけで、通名は記載されません。

注意が必要なのは通名の使用は禁止されたわけではありませんが、通名の変更は事実上禁止措置がとられたということです。

また居住地移動に際しては、転出証明書が必要となりました。よって朴さんが転居の際は、もし通名を使うならば常に(朴一、金田某)ということになります。

通名を前にすれば、検索のキーワードが違っていたから、今までは幾らでも通名が使えたのですが、それが、本名が前になる登録となれば、(朴一、田中某)(朴一、青木某)(朴一、金田某)となり、本人確認は一目瞭然です。

朴さんの資産状況が丸見えとなってしまいました。

 

金田某で資産ゼロで生活保護を受給してきた朴さん、他の隠してきた口座の資産で不正受給の発覚は時間の問題です。

 このため朴さんは以前の建設業に戻ろうと何社かに履歴書を送りました。大卒でいくつも特殊技術の資格を持っている朴さん、就職には不安はなかったのですが、全く各社、音沙汰がありません。

よくよく調べてみると、卒業証書や各資格証明書はすべて通名である田中某で、そこに朴一は影も形もないのです。

現在は(朴一、金田某)であって、以前の通名(田中某、朴一)の証明そのものが困難で、人事担当からは、証書や各資格証明書の発行側から同一人物であるという証明が必要だといわれたそうです。

また最近、自動車免許更新通知が来ましたが、名義は通名ではなく本名だったそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてまったく同様のプロフィールをもつ李一さんが登場です。

彼は朴一さんの話やほかのカード切り換えをした人の話を聞いて、切り替えをしないことにしました。不法滞在者となることは覚悟して、在日同胞と力を合わせて安倍政権と戦うことにしたのです。

「琉球独立工作機関 中国共産党 友の会」⤴ 翁長那覇市長を熱烈支持。全くどこの馬鹿だ? 

 

反日勢力と連携すれば対抗できると考えているようですが、現実に10万人単位の不法滞在、強制送還は困難にしても、それ以前に不法滞在による住民サービスの停止がきます。

まず永住許可の取り消し。銀行やクレジット口座の凍結。健康保険証の無効化。生活保護の停止等、対応できるものではありません。

 また一方では、反日勢力のあぶり出しと特定化が進んで公安のリベンジが始まりました。

130216-N-EH921-480

在特会デモに参加予定の男性を集団で暴行したなどとして、大阪府警警備部(公安)は川崎市多摩区南生田7、市民団体幹部、添田充啓(あつひろ)容疑者ら男8人を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕しました。

ここで注目すべき点は、カウンターデモ単独事件という処理ではなく、公安が暴力行為等処罰法違反として一斉検挙をしたということで、その意味は背後関係を徹底的に洗う、つまり今までしばき隊に関わった人間は一般人だろうと在日だろうと全て調査の対象になるということで、公安の在日や反日勢力への宣戦布告と言ってもいいでしょう。

 この在日や反日勢力の、一括処理法案が五輪テロ対策を錦の御旗に米の強力な要望もあって、テロ対策資産凍結新法として秋の臨時国会に提出される見通しです。

すでに政府は、過激な活動家らをテロリストに指定し、資産を凍結する方向で検討に入っています。

 この法案の成立は、在日や反日勢力に致命的影響があるため、特定機密保護法同様、必死の抵抗が予想されますが、五輪テロ対策がメインの理由ですから意外と簡単に成立するかもしれません。

実際、関係筋では、暴力団関連組織や左翼組織は当然として、良い悪いはともかく、しばき隊とか男組、あるいは関東連合のような反グレ集団まで対象となるといっていますから在日や反日勢力に対する強力な武器になりそうです。 (終わり)

 

流石です。 ほんのちょっとした改正で、ここまで劇的な効果を生むとは。。。 恐るべし公安、恐るべし官僚ですね。 来年の7月8日を楽しみにしておきましょう。

 

香港の学生に想う

民主派との対話受け入れ=選挙改革で香港政府―長官、辞任は拒否

時事通信 10月3日(金)0時50分配信

 【香港時事】香港の梁振英行政長官は2日深夜(日本時間3日未明)、緊急記者会見し、選挙制度改革を担当する政府ナンバー2の林鄭月娥政務官(閣僚)ら政府高官が近く民主派系の学生団体、大学生連合会(学連)との対話に応じると発表した。
民主派からの辞任要求は改めて拒否した。
地元ラジオによると、これを受けて、学連幹部は長官選挙制度の民主化を求めるデモ隊の集会で演説し、「政府と対話する時間を与えてほしい」と訴えた。これにより、政府と民主派の対話が実現することになり、事態が収拾される可能性が出てきた。
民主派は9月28日、2017年の長官「普通選挙」から民主派を事実上排除する中国全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会の決定撤回や梁長官の辞任を要求して、各地の幹線道路占拠を開始した。
政府は2日午後、デモ隊の強制排除を強く示唆する声明を発表。警察スポークスマンも民主派が政府機関を包囲する動きに対し、「警察は絶対に座視せず、断固として法律を執行する」と警告した。
消息筋によると、学連が一時、長官弁公室(官邸)を包囲しようとしたことから、警察は一時、催涙弾などでデモ隊を強制排除する準備を整えた。しかし、政府と民主派が急きょ対話で合意したため、実行されなかった。
合意を受け、学連は長官官邸包囲の動きを止めた。また、これに先立って、学連は政府に対話を求める公開書簡を発表したが、梁長官の辞任は要求しなかった。 (終わり)

民主派は9月28日、2017年の長官「普通選挙」から民主派を事実上排除する中国全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会の決定撤回や梁長官の辞任を要求して、各地の幹線道路占拠を開始した。

全人代が人民代表ではないのは、シナの人民も十分判っているはずです。

シナの国中まともな選挙は一度だって無いし、漢族を入れると56の別々の部族が、共産党と言う絶対的な一党強権支配のもとで、まとまった振りをするヤラセ大会が全人代。

香港の学生たちには、是非頑張って頂きたいが、焦れば天安門事件の二の舞になると思います。 (おそらく、学生たちはそれが分かっているから、パラソル等のイメージ戦略を前面に押し出している)

それ以前に学生諸君に判って欲しいのは、シナの警察も軍隊も行政も裁判所も「公で働く者全て共産党の私兵」であるということ。 たとえ、民主的な選挙で学生たちの望む人が当選しようと、何の力も発揮できないまま、間を置かずに汚職事件等をでっち上げられ、逮捕監禁・即刻有罪・官職追放という流れになるでしょう。

独裁国家で、日本でいう三権(立法・行政・司法)を握るのは普通ですが、国軍まで私兵化しているのは共産党系国家しかありえません。 これで中華人民共和国なんてね・・・

ご存じのように、「世界が中心と認める理想卿で人民が共に和す国」 という意味ですが、これ、そのまんま日本じゃないですか?  シナ朝鮮の本音が見えてきますな。