肩の力を抜きましょう

>今回はじめて自由民主党 管・新総裁の、これからのご活躍に。興味を、持ちました~

安倍さんは「寄らば切るぞ!」というタイプでしたが、菅さんは、スタスタと近づいて「いきなり刺す」タイプのように感じています。ずいぶん乱暴な表現ですが、政治家として「いきなり刺す」ためには、相当な準備と根回しが要りますから、今までの、「現状維持しか能が無い官僚ども」は怖いでしょう。東大法学部は出ても、地頭が悪くて使えない奴は沢山いるようですからね。

>福一では、アルプスが設定どおりに稼働しているかという部分を信用出来ないのが大きいと思いますが、

福島第一原発と他の原発の違いは当然ですが、アルプスが信用出来ないという根拠が判りません。確かに昔は、原発に出向する官僚達は、「掃き溜めに行く」と言っていたそうです。その当時は優秀な人材が乏しかったかも知れませんが、「FUKUSIMA50」でも表現されているように、今現在、国が情報操作しているという意味なら、それは間違いだと思います。

日本人が世界中の人々から尊敬される要因の一つは、「他人のために自分を犠牲に出来る」ところだと思います。中世のヨーロッパでは、「ノブレス・オブリージュ:高貴な者は社会的責任を負う」というものがありますが、日本人は、身分や社会的地位に関わらず、ほぼ等しくそれを内に秘めている処が素晴らしいのだと思います。斜に構えず、もう少し素直に、日本人に生まれたことを誇りに思いませんか?

早く海洋放出を

ようやく今月中に、福島第一原発敷地内の処理水を海洋放出する決定が下されるようです。まったく「船頭多くして、船、山に登る」ですね。しかもこの船頭達は、科学的根拠を無視して、政治を情で語る馬鹿者ばかり。

以前にも書きましたが、原発を持つ世界中の国々は、全てトリチュウムを海洋放出と気体放出で処理しています。日本の原発も、福島第一原発以外は、この方法で処理しているのに、何故、ここだけ駄目なのか?

理由は一つ。国内外には、日本のエネルギーの安全保障政策」を崩壊させたい輩が多いから。

福島に貯蔵されている汚染水と言われるモノは、多核種除去設備(ALPS:アルプス)を通して、トリチュウム以外の成分濃度を基準以下にし、とんでもない量をタンクに溜め込んでいます。その敷地内の容量が、令和4年夏には満杯になるので、何とかしなければという、外国では冗談に聞こえる程のとても阿保らしいお話です。

トリチュウムは、半減期12.3年でβ崩壊してヘリウムになる物質。放射性物質の専門家である茨木大の田内教授は、「トリチウムが体内に取り込まれたらDNAを傷つけてしまうというメカニズムは確かだが、DNAには驚異的な修復能力があり、日常的に紫外線や多くのストレスなどでも破壊されるが、すぐに修復されている。実験で、細胞への影響を見ているが、基準以下の濃度では細胞への影響が確認できないため、通常の実験ではわざと基準より濃い濃度のモノを使っている」などと述べ、濃度管理さえできれば、リスクは低い放射性物資との見解を示しています。

一ヶ月経ちましたが、菅さんは大したものです。学術会議問題のように、今まで左翼のヤリタイ放題であった日本国内の数々の課題を、次から次へとテーブルに上げて、マスゴミが騒ぐと同時にネットで正しい情報を流しているようです。これでは、あの野党のアホ連中では太刀打ちできません。トランプさんのツイッター手法と良く似てますね。

今年は大名行列の無い祭礼

とおるさん、有難うございました。 次は是非、最初から参加して下さい。楽しい飲み会ですから【笑】

さて、今日は地元の天満宮の大祭があるので、まる一日パソコンには触れません。そこで今日の置き土産。 

https://www.youtube.com/watch?v=Dy7U9rb0v84&feature=youtu.be

サイト名「ナニワの激オコおばちゃん」の「中国ズブズブのバイデン氏」からも行けます。 40分くらいのドキュメンタリー映画 「ドラゴンに乗って:バイデン家と中国の秘密」というものです。時間の無い方は最後の6分「第6章:わかっていること」だけでも見て下さい。出来れば、「THE FACT」へのチャンネル登録も。

アメリカは、如何に危険な男を選びそうになっているか分かります。まあ、トランプさんが勝ちますけどね。

Joeさんへ

メールで、>「無知に浅知恵、はてはデマまで。日本学術会議会員任命拒否問題が露呈させた与党自民党政治家の低劣ぶり」by GEISTE に反論できますか?

野党は、「任命権は形式的なもの」といいますが、平成17年9月に、シナの科学技術協会と協力促進の覚書を交わしたことで、自民党政権の方針が変わっていったのだと思います。日本では一切の軍事研究は行わないとしながら、学術研究の軍事転用を進めるシナと学術協力をする日本学術会議の、もろダブスタを指摘しない方がおかしいのです。

任命が形式的なモノなら、「時の政府でも、使途の口出しができない10億円以上の税金」が存在して良いのかという事です。それは国民にとって大きな問題ではありませんか?

朝日は、「臨床法学教育学会理事会は、今回の任命拒否について、日本学術会議法第7条2項に違反する行為だ」と。この条文は、「会員は第17条の規定(日本学術会議が、優れた研究または業績がある科学者から会員候補を選考し、首相に推薦する)による推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する」というものです。

日本学術会議法第一条2項には、「日本学術会議は、内閣総理大臣の所轄とする」とあり、これで会員は「特別公務員」となります。所轄とは、「ある範囲を担当、管理または支配する事」ですから、6年任期の特別公務員職にさせるか否かは、この日本学術会議の管理責任を有する内閣総理大臣の判断次第という事です。異論をはさむ余地は1㎜もありません。

公務員試験に落ちたからといって、「落とした理由を言え!」なんて叫ぶ馬鹿が居ますか? あぁ、居たのか。バカばかりなんだな夜盗は【笑】

憲法第15条1項、「公務員を選定し、及びこれを罷免する事は、国民固有の権利である」。自民党が先の選挙でも大勝し、その政権のトップである総理大臣は、国民の負託を得て仕事をしています。その負託を受けた総理が、彼ら6人を選定しなかった事は、大多数の国民の意思であると言えます。

野党やマスゴミの阿保どもは、その6人を雇いたかったら、まず選挙に勝って政権を取れよ。それが最優先課題だと思うけどね。まあ、今のままじゃ100年経っても無理だろうけど。 Joeさん、これがご返答です。

GEISTE 「ハーバービジネス・オンライン」とかいう上から目線の論説文ですが、書き手の氏名も何もないものです。他のモノも少し読みましたが、かなり偏ったイデオロギーの集団のようですね。シナの「千人計画」を擁護するようでは話になりません。私は、自国の安全保障を語れない相手と議論するほど暇ではありませんから。

杉田さんも菅さんも頑張れ!

皆さんには言うまでもないと事でしょうが、杉田水脈氏の「女性はいくらでも嘘をつける」という言葉は、マスゴミの悪質な切り取り報道です。弁明の必要などありません。

杉田さんは、結成以来何の成果も出せない国連という世界一無駄な組織で、単身、クラマスワミなどと言う嘘吐きババアを糾弾するなど、数々の成果を上げている素晴らしい女性です。

「10才で慰安婦にされたなど、明らかな嘘だと客観的に証明できる嘘をついた女性たちについて、”こうした女性たちはいくらでも嘘をつける」という、自民党政調部会内での発言内容を、出席したチンピラ官僚から入手したんだろうけど。それより、部外秘の会合の内容を暴露した人間を特定しろよ。すぐ分るはずだよ。議事録書いている奴らか、それを確認する立場の役人なんだから。

日本学術会議の6人についても、騒ぐほどの事案ではないですよ。どんな人事案件でも、どの団体から推薦を受けようが、最終的に決めるのは国会です。総理は、その人事案件が手続き上、正しいか、議会で何事も無く承認されるかの2つに気を配るだけです。

団体から推薦を受けた時点で、相応しいとは思えない人事案だったので、総理は任命を拒否しただけ。人事案件は、人権に関わる問題でもある為、基本的に討論出来ません。質疑と採決があるだけです。従って、何故、推薦者が拒否されたかという事由などは、公である国会内では、絶対に議事録に残せないのです。例え、6人とも反日学者だからと言ってもね。

とおるさんへ

>近日発行予定・議会報告「お元気ですか?第51号」の入手方法について

とおるさん、関心を持って頂き有難うございます。51号は、朝早くに自分の町内から始めて、既に1000部近くは配っております。とおるさんがどこにお住まいか分かりませんが、9月6日の憲法研修会に参加されたようですから、最短の入手法は、10月10日土18時から住吉2丁目の廿日市市民活動センター2階で行う「日本会議広島廿日市支部定例会」だと思います。

18時から19時まで会議をして、その後は必ず「飲みにケーション」での濃い討論などがありますので、それを目当てに来るメンバーもいます。是非、ご参加下さい。お待ちしています。

議会報告はいつも6000部印刷しておりますが、私の選挙地盤である廿日市小学校区以外には、佐方・平良・串戸くらいに、パラパラとまく程度です。見てもらえば理解してもらえると思いますが、内容はけっこう過激で票目当てや人気取りではないので、それ以上遠くに配布しても時間の無駄ですから。

財政のお話になってしまいました

>これに異論を唱える廿日市市民が行政を訴えたら、行政は負けるかもしれない」は、税の公平性が保たれないという理由からです。10年以上、同じ条件で税負担している廿日市市民が市域を移動する時に、島外の者は「税を取られ」、島内の者は「税を取られない」という不公平感が出ることは否定できませんから。

税に詳しい方には釈迦に説法ですが、地方税について少し書かせて頂きます。

令和2年度の廿日市市は、一般会計530憶円+特別会計約261.5憶円=合計791.5憶円の予算額です。市町村の地方税(自主財源)の大半は、固定資産税と市民税です。その地方税は、市の収入の約35%で、国からの地方交付税が約20%、他に地方譲与税などを約5%含めて一般財源(使い道を自主的に決められる財源)としています。

残りの約40%は主に使い道が決められた財源で、国庫支出金・県支出金・地方債(市の借金)・臨時財政対策債(赤字公債・将来負担の先送りの借金・地方財政悪化の元凶)などです。

昔は3割自治と言われたように、税の約7割を国が取って、財源不足の市町村へ再配分していましたが、大蔵省(財務省)は、国の財源不足を理由にして地方交付税を毎年10%以上減額してきました。そしてついに、2011年から、臨時の財政対策として、国と地方自治体で必要額を折半して、臨時財政対策債というものを出しました。それがもう20年も続いているのですから、既に臨時とは言えません【笑】

平成になっても廿日市市の財政は、それ程悪くはなかったのですが、平成15年と17年の2度の合併で、吉和・宮島という過疎地、佐伯と言う辺地、ハードソフト共に未成熟な大野と一緒になり、合併時のお約束(数々のハード事業)を、馬鹿正直に果たして、ついに財政難の市になりました。

実際、市町村と国の仕事量は6:4で、財源は逆の4:6なのですから、財源不足の自治体が生まれるのは当たり前のこと。財務省は、世代間の財政負担の公平を図れる建設国債(道路・橋梁・上下水道などの生活インフラを整備する予算)を、地方自治体に積極的に出すべきなのです。

また、日本は、「世界で最も成熟した社会主義国家」ですから、国民皆保健制度が当たり前のようにあります。税でも、日本以外の国では、地方都市の格差是正は、国全体の平均値を取って目標値としますが、日本だけは、より高い理想とする目標値を掲げて、全市町村の行政水準全体のかさ上げを図るため、「全国どこでも、同じ税負担で同じ行政サービスを受けられる」という、他国では考えられないほど基地外じみた事を、疑いも無く実施しようと頑張っています。

これが地方財政破綻の本当の理由なのですが、長くなりますので今日はここまで((笑))

議会は過半数取れなくては無力です

>財政悪化という割には無駄遣いが多く将来負担を進んで増やしているとしか思えませんが

これは、私の力不足だとしか言えません。議員をさせて頂いて21年間、行政には毎年様々な提案をしてきましたが、聞き入れられたのは2%くらいですかね。

水族館建設の説明時に、「県事業で行うべき規模だ。10万の市がやるべきではない」と言いましたが、賛成多数で。増床の件は、「アジアなどで爆発的な人気がある錦鯉の市が開かれるようなら・・」と意見しましたら、行政は、そのような事は何も考えていないと。 

宮島支所の建替えは、あまりに高額なので「規模縮小」を問いましたが、賛成多数。

おもてなしトイレは私の発案でしたが、一番の目的である「100円有料トイレ」の部分を、「有料では利用されない」などという愚かな理由で無料に。(今でも島内の女性トイレは長い列が続いていますよ) これで、年間1億円の収益が消し飛びました。

宮島口の渋滞問題は10年以上前、宮島口ロータリー側から、国道2号とJR線の上に高架道路をつくり、大野浦駅前の大型工場を移転させて、大型駐車場を確保して、宮島へはJRを使用する案を出しましたが、ほぼ無視。

アルカディアや吉和の公共施設は、民間に使途を任せて売却するように言いましたが、駄目でした。

廿日市の中央公民館建替えでは、「坪55万ほどの高価な土地(敷地790坪)だから、民間に15階以上のマンションを建設させて、等価交換で地上3階部分までは公民館施設にすれば、内装と設備費【約1億】で済む。市の施設面積もゼロとなる」と提案。市の担当者は乗り気でしたが、前市長の鶴の一声「角田に手柄を取らすな」と、7億5千万かけてRC造2階建てを建設。私がゴジラなら、真っ先に踏みつぶしたい恥ずべき建物となりました。まだまだ失敗談は沢山ありますが、今日はこのへんで【笑】

トランプ氏 感染

トランプ氏、武漢ウイルス感染。感染経路はおそらく判らないとされるだろうが、この微妙な時期の感染では、シナの関与は否定できない。なにせ、トイレから出ても、食事前にでも手を洗う習慣が無く、選挙運動の最中でもマスクもせず握手を繰り返している国民性。いつでも、どこでも、誰にでも感染させられる。

残り1か月の選挙戦、完治できるかどうか難しい処だが、10月末に完治した姿をマスコミに見せられたら、多くの隠れトランプ支持者が声を上げ始めて、トランプ氏は雪崩を打つような勝利を得るだろう。

アメリカ世論はバイデン有利ばかりだが、何でも賭け事にするイギリスでは、トランプ50%>バイデン41%で、現職が有利であった。この賭けは、前の大統領選挙でもトランプ有利としていたという。今回の武漢ウイルス感染で、これがどう動くか? アメリカ国内のマスゴミ情報を見るより、この英国の賭け屋の動きを見る方が正解かもしれない。